今日:「日本はワールドカップのようにベトナムと対戦しなければならない」

元ミッドフィールダーの戸田和幸は、2022年のワールドカップで優勝したにもかかわらず、今日の決勝戦で日本チームがベトナムと激しく対戦することを望んでいます。

ミッドフィールダーのホアン・ドゥック(右)は、2021年11月11日にミーディンスタジアムで開催された2022年ワールドカップアジアカップの予選3回戦である第5試合で日本と対戦し、広範囲からシュートを放ちます。 写真: ラムトー

*日本-ベトナム:3月29日火曜日午後5時35分VnExpress。

「ワールドカップ準々決勝に到達するか、さらに進むという日本の目標は今から始まる」と戸田氏は語った。 DAZN。 「選手たちは今、日本とワールドカップの試合を開始します。ワールドカップのチームの構成が変わり、今後は選手は自分の場所を争う必要があります。ベトナムナムとの試合は正式なものではありません。私は日本が積極的にプレーし、開幕から集中してほしい」と語った。

「これから日本は世界と戦わなければならないことを強調したい」と、クラブデンハーグのオランダリーグでプレーしたミッドフィールダーは付け加えた。 「日本のファンはもっとチームに厳しい必要があります。私もヨーロッパでプレーしたので、これらの対戦相手に会った経験を理解しています。ベトナムは世界選手権で会う日本の対戦相手から遠く離れているのは事実ですが、森保一の教師と学生は、世界最高の対戦相手に会うために試合に近づく必要があります。」

日本は3月24日の最後から2番目のレグでオーストラリアを2-0で下した後、7回連続でワールドカップ決勝に進出しました。 テーブルの底から抜け出すために、ベトナムは2つのゴールで再び勝ち、中国がオマーンの地面で負けるのを待たなければなりません。

しかし、日本はベトナムに対して臆病なプレーをする兆候を見せていない。 元ストライカーの佐藤寿人は、「日本はワールドカップの準備をする。アジアと世界のチームのプレーは大きく異なるが、日本がベトナムとの試合に向けて懸命にプレーすることを望んでいる。右中盤の位置。伊藤淳也をしっかりとフォローするときはいつでも、彼らは何をしますか?

日本はワールドカップの準々決勝に到達したことはありません。 過去6年間で、2002年、2010年、2018年の3回、16ラウンドでノックアウトされました。今年末の日本のカタールでの目標は準々決勝です。

今日:日本はベトナムをワールドカップの候補と見なさなければならない-1

ホアンアン

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。