今日のワールドカップ2022グループステージ抽選

カタール2022年のワールドカップグループ抽選は、今日の午後7時からドーハで1/4(ハノイ時間の午後11時)に行われました。

3月31日、米国とメキシコは、以前に優勝した27チームとともに、ワールドカップに参加する28番目と29番目のチームでした。 決定すべきワールドカップの場所はまだ3つありますが、FIFAはグループを引き分け、最初に引き分けを決定しました。

2022年のワールドカップボールアルリーラは、ドーハでのカタールの建築、象徴的なボート、旗に触発された旅を意味します。 写真: FIFA

残りの3つのスロットのうち、2つの大陸間チケットと1つのヨーロッパからのチケットがあり、どちらも6月に行われます。ヨーロッパ以外のプレーオフはすべて、コスタリカがニュージーランドと対戦するカタールで行われます。 アラブ首長国連邦とオーストラリアの2人のAFC代表は、ワールドカップのチケットを争うためにペルーに会う前に敗退します。

ヨーロッパでは、ウェールズはスコットランドとウクライナの間の試合の勝者と対戦します。 しかし、スコットランドのスティーブ・クラーク監督は、ロシアとウクライナの間の緊張により、これらの試合はもっと遅れる可能性があると信じている。

ランキングリストは、2022年3月31日現在のFIFA注文表に従って完全にソートされており、デフォルトのホストカタールはグループ1にあります。

シードグループ

グループ1:カタール、ブラジル、ベルギー、フランス、アルゼンチン、イングランド、スペイン、ポルトガル

グループ2:メキシコ、オランダ、デンマーク、ドイツ、ウルグアイ、スイス、米国、クロアチア

グループ3:セネガル、イラン、日本、モロッコ、セルビア、ポーランド、韓国、チュニジア

グループ4:カメルーン、カナダ、エクアドル、サウジアラビア、ガーナ、ウェールズ/スコットランド/ウクライナ、コスタリカ/ニュージーランド、ペルー/アラブ首長国連邦/オーストラリア

抽選のルールによると、同じシードグループまたは同じリーグのチームは同じグループに属しません。 しかし、ヨーロッパには13人の代表者がいるため、5つのグループにその大陸からの2つのチームがあります。 このルールは、まだ決定されていない大陸間試合のスロットにも適用されます。 たとえば、ブラジルまたは日本は、ペルー/アラブ首長国連邦/オーストラリアと同じグループに含めることはできません。

抽選はグループ1から始まり、ホスト国のカタールがグループAに所属し、オープニングマッチを行います。 カタールのボールはチームの色とは異なる色になり、最初に撃たれます。 グループ1の残りのチームは、抽選の順序に従って、次のグループに順番に分類されます。

コンピューターは、FIFAが抽選のルールをめぐる論争を回避するのに役立ちます。 たとえば、グループCで4位に抽選する番になったとき、彼らはサウジアラビアという名前の抽選を獲得しました。 ただし、グループCにすでに日本が含まれている場合、サウジアラビアは次の表であるグループDに進みます。

ドイツとオランダがグループ2に分類されるため、2022年のワールドカップは死の絵として表示される可能性があります、ブラジル、ドイツ、セネガル、カナダなど。 ディフェンディングチャンピオンのフランスもドイツと同じグループに入る可能性があります。 そして、ホストのカタールは、メキシコ、チュニジア、エクアドルと簡単に引き分けられる機会があります。

通常、抽選後、ワールドカップのスケジュールが発表されます。 しかし、カタールのコート間を移動するのにそれほど遠くないので、主催者は一般の人々に合うように試合時間を調整します。

チームはそれぞれ4チームの8つのグループに分けられ、11月21日から12月2日までラウンドロビンの試合が行われます。 各グループの上位2チームがラウンド16に進みます。 グループAの勝者は、グループBの次点者と対戦し、グループBの勝者は、グループ内の他のペアと同様に、グループAの次点者と対戦します。 16ラウンドは12月3日から6日まで行われます。 準々決勝は12月9日と10日に、準決勝は12月13日と14日に、3位は12月17日に、決勝は12月18日にルサイルアイコニックスタジアムで行われます。

ホアンアン

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。