中国は同時に3つの海で訓練を実施している

中国海軍は、日米軍艦が太平洋で合同訓練を実施した後、東シナ海、東シナ海、黄海で大規模な訓練を実施している。

中国の国営メディアによると、最近、中国海軍が3つの海域で同時に実弾を使った訓練を実施したが、具体的な時期は明らかにされていない。

東シナ海では、Type-052CとType-052Dの駆逐艦、および東部劇場司令部のType-054Aフリゲート艦が、海上銃による実際の弾丸と組み合わせた機動と防空作戦で「現実に近い」行動をとりました。

中国北部劇場司令部の駆逐艦は、2021年後半に実弾射撃訓練を実施しています。写真: 中国の国防

東海では、903型補給艦と南部劇場司令部病院船が捜索救助演習、海上兵站、生きた軍需品を実施しました。 一方、北方劇場司令部は黄海で空海救助、地雷除去、被害管理演習を実施したが、関与した部隊の構成は不明であった。

中国空軍も昨日、2機のJ-16重戦闘機、Y-8電子戦機、対潜水艦戦機、偵察機を台湾南西部の防空の識別エリアに送りました。

中国海軍の実弾訓練セッションは、米国と日本が2月3日から7日まで、国内初の島嶼部である西太平洋周辺の海域でエクササイズノーブルフュージョン2022を上演した後に同時に行われました。 演習には、空母USSエイブラハムリンカーンのストライキグループ、15,000人のアメリカ兵、約1,000人の日本軍人が参加しました。

「第一列島線」とは、日本、沖縄本島、台湾島、フィリピンの千島列島を結ぶ帯内の地域を指す用語です。 「第二の島の連鎖」は、日本の横須賀港からインドネシアまで、アメリカのグアム島を中心に広がっています。

一部の中国の軍事専門家は、演習場所が台湾島の東の海全体をカバーしているため、演習ノーブルフュージョン2022は米国と日本による攻撃行為であると信じています。

北京を拠点とする軍事専門家のトン・ゾンピン氏は、北京オリンピック期間中に日米が合同演習を行うことは、中国側の「緊張を煽る」行為であり、「国家安全保障への脅威」であると述べた。 。

第一列島線と第二列島線の位置。 グラフィック:Cofda。

第一列島線と第二列島線の位置。 グラフィック: コフダ

北京オリンピックの開会式に先立ち、中国国防省のスポークスマンであるゴ・キエム大佐は、1月27日、国が「将来に備える」ために周辺海域で継続的に演習を行うことを確認した。 緊急事態」。

アンを見た (によると 世界の時代)。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。