中国は南シナ海にステルス戦闘機を送ります

中国の航空会社は、J-20ステルス戦闘機が東シナ海と南シナ海を定期的にパトロールしていると述べた。

「J-20は『ハート・オブ・チャイナ』の使用に移行し、戦闘機は東シナ海での戦闘パトロール訓練と南シナ海での警備パトロールに頻繁に参加している」と会社の幹部であるレン・ユクンは述べた。 中国航空工業集団(AVIC)は、4月12日の会議で述べましたが、新しいコンテンツは本日発表されました。

戦闘パトロールでは、パイロットが高い戦闘準備状態にある必要がありますが、歩哨パトロールは主に監視および警告放送用です。

「ハート・オブ・チャイナ」は、国が製造する航空機エンジンを指すために使用される用語です。 初期のJ-20は、初期の戦闘機用に設計されたロシアのAL-31Fエンジンと中国のWS-10Bエンジンを使用していました。

中国は国産のWS-15エンジンを開発しようとしましたが、多くのエラーが発生し、評価段階に合格しませんでした。 現在のJ-20ステルス戦闘機は、WS-10のアップグレードバージョンであるWS-10Cエンジンを搭載していると報告されています。

J-20戦闘機は、2018年11月に中国の朱海で開催された航空ショーに出演します。画像: ロイター

AVIC関係者のコメントは、中国側がJ-20が東海地域を含む南部劇場司令部に配備されたことを確認するのは初めてです。 以前、J-20は、台湾と日本が争う尖閣/釣魚島周辺の作戦を担当する中国の東部劇場司令部に配属されていました。

米空軍太平洋空軍司令官ケネス・ウィルズバックは3月、同国のF-35戦闘機が東シナ海でJ-20に遭遇したと述べたが、正確な時間と場所は明らかにしなかった。

J-20は、1990年代からAVICの子会社である成都飛機工業集団によって開発されました。2019年に4番目のJ-20ラインが設置され、1年後に大量生産が開始されました。 各ラインは月に1機のJ-20戦闘機を生産することができます。

J-20は精密な攻撃能力を備えており、あらゆる気象条件で機能すると言われています。 中国軍は2017年からJ-20に就役しています。

中国は、就役中のJ-20戦闘機の正確な数を発表していません。 ジャーナルMilitaryScienceTechnologyの記事によると、約90機のJ-20が出荷されており、中国軍には約400〜500機の戦闘機が必要です。

グエンティエン (によると SCMP)。

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。