中国は中絶問題について頭痛を抱えています

毎年、国には約1,000万人の中絶がありますが、2021年の出生数は1061万人です。

1970年代以降、中絶は中国の一人っ子政策の否定的な遺産となっています。 統計局の統計によると、2020年の妊娠中絶率は42.7%ですが、2019年の日本、シンガポール、米国、イスラエルは8.8%から15.3%の範囲でした。

北京のメディア労働者であるチャン・ジュンは、過去6年間に2回中絶の手続きを行ってきました。 彼女の3人の姉はそのようでした。 彼女が言います、 中絶は依然として社会ではタブーですが、若い女性に対してよりオープンになっています。 「時々私の友人の間で、誰かが彼女が「少しの手術」をしていると言います。誰もが彼女が掻爬術をしていることを理解しています」と張は言いました。

高い中絶率は国の人口動態の危機を悪化させます。 中国家族計画協会(CFPA)の2022年の行動計画では、未婚者の妊娠中絶率を減らすための介入が中心的な課題の1つです。

計画は反発を引き起こし、政府が独身女性の妊娠中絶を禁止することを多くの人が恐れていた。 APFCは、「介入」とはスクールカウンセリングサービスと若者の調査を改善することを意味することをメディアに説明しなければなりませんでした。

子供たちは2022年1月11日に北京の公園で遊ぶ。写真: AFP

Zhang Junは、AFPAポリシーはどこにも通じないと考えています。 独身で子供がいないことを選択する人として、彼女は、女性が中絶をすることを決心すると、それは時代についての深い信念を反映しているので、どんなアドバイスも彼女の心を変えることはできないと信じています。

張にとって、その自信は、14歳の姪が2019年にうつ病で亡くなった後に形成されました。張の義理の兄弟と彼女の両親は女の子よりも男の子を好んだので、孫娘は敬遠されました。 「準備ができていないと、子供の誕生はすべての人にとって苦痛になります。私の姪の死は、私が他人の人生に責任を負わないことに気づきました」と彼女は言いました。

中国の掻爬率の高さも不妊率の高さに寄与しており、1980年代初頭の3%未満から2020年の18%まで、米国や他の先進国よりもはるかに高くなっています。 中国には巨大な中絶産業があります。 これを実現するには、出生時の性比を見てください。 過去数年間、男子の比率は女子100人あたり常に120人を超えていました。

李教授はまた、家族計画に関する半世紀のコミュニケーションの結果はゼロのようだと述べた。 「多くの人が中絶を子供の遊びと見なし、風邪のように扱っています」とイー氏は語った。

張にとって、中絶は人間の生命を尊重する行為です。なぜなら、子供たちが良い家庭環境を提供できなければ、子供は生まれてはならないと彼女は信じているからです。

中国の生殖補助医療政策は、引き続き女性の権利問題と対立しています。 昨年、一部の地域では産休が延長され、女性が職場で差別に直面していることが懸念されました。 たとえ一時解雇であっても、長時間仕事を休んでいる従業員に熱心な経営者はほとんどいません。 中絶の分野での最近の政府の介入もまた、生殖の自律性についての議論を引き起こしました。

副総裁のChenXintongさん(27歳)は、独身女性の妊娠中絶の決定に対する政府の干渉に公然と反対しています。 彼女は、「子宮は女性の体の中にある」ので、女性は自分の体を完全に制御する必要があると考えています。

国立清華大学社会学研究所のShenHsiu-hua准教授は、中国政府が一人っ子政策を通じて女性の生殖問題に介入し、誰もがその影響を見てきたことを指摘しています。 現在、出産を奨励する政策が展開されており、人々は再びパニックに陥り始めています。 シェンは、中国人が彼らの出生性にますます気づいているので、これらの措置にはほとんど未来がないと考えています。

一方、李氏は、中国の過去の人口抑制政策は深刻な人口動態の問題を引き起こしており、出生率が上昇する前に一連の改革が必要であると述べた。 「中絶の制限だけに頼ると、裏目に出たり、不法な中絶などの別の社会的危機を引き起こす可能性があります」と専門家は警告しました。

バオニエン (によると 中国のことを考えてください)。

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。