世界的な緊張の中で、アジアとヨーロッパの国々は武器購入を増やしています

超大国の競争が激化し、西側とロシアの関係が悪化するにつれて、多くのアジアとヨーロッパの国々は武器の輸入を増やしてきました。

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は、2012年から2016年と2017年から2021年の間の世界の武器貿易を比較したレポートを3月14日に発表しました。

報告書によると、2017年から2021年の期間中の世界の武器貿易の合計は、輸出入を含めて、前の期間と比較して約4.6%減少しました。 しかし、アジア、ヨーロッパ、オセアニアは過去5年間で武器の輸入を増やしてきました。

世界の武器輸入国トップ10のうち6つは、アジアとオセアニアから来ています。 インドはリストのトップであり、武器の総輸入量の11%を占めています。 日本は武器輸入を2.5倍に増やし、リストの10位にランクされました。

2021年10月に空母HMSクイーンエリザベスの飛行甲板に乗ったイギリスのF-35B戦闘機。写真: AFP

このリストの他の国には、オーストラリア、中国、韓国、パキスタンが含まれます。 過去30年間で世界の2大武器輸入国であるアジアとオセアニアは、2017年から2021年に世界の武器移転の43%を受け取りました。

SIPRIの武器移転プログラムの専門家であるSiemonWezemanは、「中国とアジアおよびオセアニアの多くの国との間の緊張が、この地域における武器輸入の増加の主な推進力である」と述べた。

2017年から2021年の期間のヨーロッパ諸国への武器輸入も2012年から2016年と比較して19%増加しました。 この期間中の世界の武器移転の13%をヨーロッパ諸国が占め、5年前から3%増加しました。

SIPRIの報告によると、英国、ノルウェー、オランダがヨーロッパで最大の武器購入者です。 ヨーロッパへの武器輸入は、ヨーロッパの国々、特にアメリカの戦闘機が最近大量の新しい武器を注文したため、増加すると予想されています。

「ほとんどのヨーロッパ諸国とロシアの間の関係の悪化は、大陸が武器を輸入するための重要な原動力であり、特に防衛産業が欧州連合のすべての要件を満たすことができないものである」とウェズマンは述べた。

ウクライナの兵士は、1月25日にキエフ郊外のボルィースピリ空港で米軍援助の積荷を降ろします。 写真:ロイター。

ウクライナの兵士は、1月25日にキエフ郊外のボルィースピリ空港で米軍援助の積荷を降ろします。 写真: ロイター

戦前のウクライナの武器輸入は、国の予算が逼迫していたため「非常に限られていた」。主要メーカーは、ドンバス地域での紛争の激化を恐れて、キエフへの配達を制限した。 チェコ共和国はウクライナの主要な武器供給国であり、国の輸入の41%を占めており、米国が31%を占めています。

米国は依然として世界最大の武器供給国であり、武器の総輸出量の39%を占めています。 ロシアとフランスはそれぞれ2番目と3番目で、19%と11%です。 米国、ロシア、フランス、中国、ドイツは、世界の武器輸出の4分の3以上を占めています。

SIPRIは、米国の武器輸出は主にサウジアラビア、オーストラリア、韓国、日本との取引を通じて増加したと述べた。

「輸出は中国を対象とした外交政策の重要な部分であるため、米国は依然としてアジアとオセアニアへの最大の武器供給国である」とウェズマン氏は述べた。

グエンティエン (によると SCMP、ブルームバーグ)。

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。