一部の北部の州では、日本に輸出するためにインゲン豆を栽培しています

北部の一部の州では、日本企業からの年間2万トンの購入に協力することを約束して、小豆の最初の収穫を蒔きました。

最初の植栽はソンラ県マイソン地区のチェンソンコミューンで行われ、3月26日に10ヘクタールの日本の小豆の試験植栽が行われました。 これは、Mia Group、日本のEndo Seian Group、Real Esale Vietnam Company、およびChieng SungAgricultureCompanyによって展開されている成長地域です。

以前、2021年11月末に署名された合意によれば、MiaGroupとEndoSeianは、5年間、総取引額が約8,000億ドンの小豆の供給に協力することに合意しました。 植栽初年度の生産量は年間2,000トン、その後は2万トンに達する予定です。

この結果を達成するために、MiaGroupの会長であるNguyenNgoc Huyen氏は、3月にソンラ、ハジャン、ゲアンで試験的な植栽スケジュールを作成したと述べました。 4月までに、作付面積は1,000ヘクタールに拡大されます。 特に、ソンラのマイソン地区とヴァンホー地区はそれぞれ100ヘクタールです。 植栽面積は今後2年間で拡大を続けます。 「来月初めに、私たちはプランテーションをハザンとゲアンに届けます」とフエンさんは言いました。

日本の3大小豆会社の1つである遠藤成安は、国の小豆の需要は年間約4000万トンであると述べました。 国内の農業産業は生産の半分しか供給できず、残りは中国、タイ、カナダなどの国から輸入されなければなりません。

この1つの会社には、生の農産物と加工農産物、特にインゲン豆とインゲン豆の加工品の輸入、加工、取引を専門とする遠藤生安会社があります。 遠藤成安は毎年、約2万トンの新鮮な小豆と4万トンの小豆製品を消費しています。

Yi Tung

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。