ロシアに行くか滞在するかを選択する前のアジア企業

(KTSG)-当初から、アジア企業はロシアのウクライナへの攻撃を批判する声が少なく、一部の企業は戦争による経済制裁やその他の混乱に対応してロシアでの事業を停止した。 しかし、日本のファッションブランドであるユニクロは、以前は欧米の企業が1つずつ離れていったため、滞在することを誓っていたにもかかわらず、ロシアで50店舗を閉鎖することで大胆な取り組みを行ってきました。

ファーストリテイリングは、2010年に入国して以来、ロシア全土に50店舗のユニクロを展開しています。これは、世界中の3,500店舗に比べるとかなり小さいですが、ヨーロッパでのファーストリテイリングの事業のほぼ半分を占めています。 写真:共同通信

アジアの企業は、東欧の新しい状況の前にロシアでビジネスを行うことによって、西洋の企業との意見の相違を減らしますか?

「あなたの顔に拍手」

「服は生活の必需品です。 ユニクロの親会社であるファーストリテイリングの柳井正最高経営責任者(CEO)は今週初めに、「ロシア人には私たちのように生きる権利がある」と述べた。運営上の課題や状況の悪化など、多くの困難のために継続することができないことを十分に認識している」と述べた。

ロシアには、ヨーロッパにある約110店舗のうち50店舗があります。 しかし、それは世界中のファーストリテイリングの3,500店舗と比較してほんのわずかな数です。

率直さと残忍さで知られる柳井氏の突然の逆転は、消費者や株主からの批判の結果だった。 彼の最初の声明は、ソーシャルメディアでのボイコットの波を引き起こしました。 アナリストによると、世間の反応は、消費者がブランドに大きな社会的価値があることを期待していることを示しており、ユニクロの評判と収益に圧力をかけています。 ファーストリテイリングの中でも、CEOの声明が経営陣に方針の変更を余儀なくされた後、ロシアでのビジネスの維持とブランドの評判についての話。

柳井とファーストリテイリングのイベントは、地政学的要因が非常に敏感な時代にグローバルな多国籍企業が直面しているコミュニケーションと広報の課題を浮き彫りにします。 昨年の記者会見で、柳井氏は「(政治的)立場を選ぶことは、簡単に会社の死を意味する」と述べた。

現時点では、すべての関係者を満足させることは困難です。 「世界的な反応がなかったからだ」と広報会社エデルマンジャパンの社長、メガン・バーストウ氏は語った。 事業への影響、株主や周辺事業への反応などを考慮する必要があると述べた。 「会社の発言は、会社の使命と哲学と密接に一致している必要があります」とバーストー氏は言います。

慎重で安全な傾向

エール大学がまとめたリストによると、先週の終わりまでに、ユニクロのライバルであるH&Mグループ、ナイキ、ネットフリックス、ビザ、マスターカードなど、350を超える外国企業がロシアでの商品やサービスの販売を停止しました。 欧米のブランドは「ウクライナでの暴力の結果に苦しむすべての人々に立ち向かう」と早い段階で発表しましたが、ロイター通信社は、一部のナイキストアが3月11日にまだ開いていることを発見しました。

一部の自動車メーカーを含むいくつかのアジア企業は、主にCovid-19の流行の影響により、ロシアでの活動を停止し、「いくつかの運用上の困難」を発表しました。

サムスン電子は、欧米企業と同じくらい迅速に対応できる数少ない韓国企業の1つです。 サムスンは年間売上高が32億ドルと推定されており、ロシアへの出荷を停止すると発表した。 ロシアがウクライナに入った後、韓国政府は、コンピューター、通信機器、インターネットインフラストラクチャなど、1,600を超える戦略的製品のロシアへの輸出禁止を発表しました。

消費者からの圧力を受けて、石油・ガスグループのシェルは、ロシアのエネルギー大手ガスプロムとの合弁事業から撤退すると発表した。 一方、日本最大の事業グループの1つであり、シェルおよびガスプロムと共同でサハリン2ガスプロジェクトに投資している三井物産は、その逆を行っています。 「私たちは、日本政府や貿易相手国を含む利害関係者と、エネルギー供給の必要性を考慮して、将来の行動の可能な方向性について話し合っています。」 三井物産の幹部は匿名を条件に日経アジアに話を聞いた。

「このような危機において、私たちが最初に頭に浮かぶのは、従業員とパートナーの安全です。 日本の自動車メーカーの幹部は、企業として、国際的な政治情勢に直面しても、可能な限り中立を保ちたいと考えています。

日本のハイテク企業の最高経営責任者(CEO)は、西側諸国と比較して、日本政府はロシアに対する制裁を制定することにあまり積極的ではないようだと述べた。 そのような状況では、会社が国を代表することはより危険です。 サイバー攻撃を含むさまざまなリスクに脅かされる可能性があるためです。

日本企業がロシアに対する制裁に対応するのが遅いかどうかをマスコミに尋ねられた三村明夫商工会議所の会長は、「問題ではない。日本は世界をリードすべきだ。私は遅れているとは思わない。行動を起こしている」と語った。

法律事務所シドリー・オースティンのパートナーであるマーガレット・アレンは、次のように述べています。 そして、現在の戦争のような急速な発展において、企業がすぐに論点を述べ、将来何が起こるかわからないときに決定を下したくないことは理解できます。」

方向を巧みに調整する

いくつかの主要なアジア諸国、特に中国とインドは、ロシアのウクライナ侵攻を非難したり、ロシアを経済的に孤立させることを目的とした国際制裁に参加したりすることを拒否しました。 当初、大きな損失を出した後、ロシアから撤退することを計画していた中国の配車会社である滴滴出行は、計画をキャンセルし、戦争が勃発したときに留まることにしました。

アジアの企業は、アメリカやヨーロッパの企業よりもロシアで保有する株式が少ない可能性があります。 多くの国際企業はロシアでの収益を開示していませんが、FactSetは年次報告書やその他の文書から収益を推定し、「GDP加重推定アルゴリズムと会計ロジック」を使用しています。

FactSetのデータによると、ロシアで最も収益が高い50の外国企業のリストには、ヨーロッパのほぼ30の企業と比較して、7つのアジアの企業が含まれています。 サムスンはアジア企業の中で第1位ですが、ロシア市場での売上高はグループの総売上高の1.3%にすぎません。

2月下旬にムーディーズアナリティクスが発表したレポートは次のように述べています。「ロシアへの輸出は、アジア太平洋地域の主要経済国のいずれにおいてもGDPの1%以上を占めていません。 したがって、制裁措置が強化されてロシアとの貿易がより困難になった場合、ロシアとの貿易が減少するにつれて、これらの経済への直接的な影響は小さく、控えめなままになります。」

ロシアが以前より孤立するにつれて、さまざまな地政学的対応により、アジア企業が巧みにナビゲートする必要のある代替の同盟が生まれる可能性があります。

カナダのトロントにある未来イノベーションセンター(CIF)の地政学未来学者Abishur Prakaskは、次のように述べています。 とインド。 これにより、各国がグローバルシステムを終了し、独自の独立した軸を構築し、世界中のビジネスのリスクを高めるため、世界はより強固になります。

アジアの多国籍企業のリーダーは、リターンが地政学的リスクを上回るか、またはその逆かを検討する必要がある、と研究者は述べています。 「これは、ウクライナの紛争だけでなく、台湾からイランまで、現在および将来のすべての地政学的状況に当てはまります」とプラカは結論付けています。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。