ロシアとウクライナの紛争:世界は明らかにエネルギーへの影響を感じています

世界は、エネルギー大国であるロシアが生み出した影響をはっきりと感じています。 エネルギー、ガスから食料問題まで。 これらの影響は変化し、世界の新しいエネルギー秩序を促進しています。

欧州連合は、ロシアのガスパイプラインの切断を加速することで対応しました。 特に、ドイツはこれらの変化の主要国です。 ロシアがウクライナで特別軍事作戦を開始してから数日後、ドイツのオラフショルツ首相は、バルト海を通過するヴィボルグからロシアのベトナムに接続するノードストリーム2ガスパイプライン(110億米ドル相当)の配備の停止を発表しました。 ドイツ、グライフスヴァルトの海。

ドイツの経済気候大臣であるロベルト・ハーベック氏は、次のように述べています。問題は、エネルギーの安全性や安全性の問題でもあります。風力と太陽光は誰のものでもありません。

一方、米国はロシアの石油製品の輸入を禁止しており、代替の供給源を探しています。 この供給の見通しは、世界最大の既知の原油埋蔵量を持つベネズエラです。 先週末、アメリカの代表団がベネズエラに到着し、ベネズエラ大統領から、生産量を最大300万バレル/日まで増やす準備ができているとの青信号を受け取りました。

原子力は再びヨーロッパで「王位に就く」

原子力は突然、ヨーロッパ諸国の中期エネルギー政策の中心に戻ってきました。 欧州連合は、ロシアのガスに依存しているためにエネルギー危機に直面しており、現在、ガスと石油の使用を削減するという政策の変更を余儀なくされています。 再生可能エネルギーに頼ることができず、輸入された石油やガスに頼ることを望まないヨーロッパは、原子力よりも優れた選択肢はないと考えています。 先週末、ベルギー王国は2つの原子力発電所を急いで閉鎖しないことを決定しました。

ベルギーのアレクサンダー・デ・クルー首相は、次のように述べています。 いかなる状況においても、電力供給が常に維持されるようにする必要があります。 そのため、ベルギー王国連邦政府は、2基の原子炉の運転をさらに10年間延長することを決定しました。」

現在の地政学的な激変は、原子力発電の地位を強化するための追加の理由です。 以前は、気候変動が世界的な問題となったため、原子力発電に反対することはなくなりました。 スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリアは、既存の原子力発電所を拡張したいと考えています。 フィンランド、フランス、チェコ共和国は、原子力発電所が二酸化炭素を排出しないため、気候目標を達成する方法として原子力を考えています。

ダミアン・アーンスト教授-ベルギー、リエージュ大学:「ヨーロッパはかつて民間の核産業や核兵器の開発をやめたいと考えていたため、今日のヨーロッパは10年前よりもガスに依存しています。実際、ガスや石炭と比較して、原子力はグリーンなエネルギー形態であり、有害な排出物を発生させることなく豊富なエネルギーを提供することができます。

ロシアとウクライナの紛争:世界は明らかにエネルギーの影響を感じています-写真2。

現在、欧州連合の13の加盟国で103基の旧世代原子炉が稼働しており、総発電量の4分の1を占めています。 欧州諸国は、原子力は長期的な解決策ではないと考えていますが、石油やガスから再生可能エネルギーへの移行期には非常に適しています。 トレーラーで輸送するのに十分小さく、より安全でより柔軟な原子炉の発電は、多くのヨーロッパ諸国の国家エネルギー政策の一部です。

英国首相はクリーンエネルギー投資を引き付ける

原子力が復活すれば、これまで以上に別の種類のエネルギーが押し出されます。 これらは再生可能エネルギー源であり、世界の「オイルフリー」ソリューションと見なされています。

湾岸の油性地帯はかつて、クリーンエネルギーを支持して気候変動について話すことを避けていました。 しかし今、私ははるかに自信を持っています。 アラブ首長国連邦のように、設立半世紀の記念日に、その目的は世界で最初のクリーンエネルギーの生産者になることであり、もはや世界で最初のクリーンエネルギーの生産者ではないことを確信しています。 。

今後30年間で、世界の多くの地域でクリーンエネルギープロジェクトに約1,600億ドルを投資すると予想されています。 クリーンエネルギーのリーダーである西ヨーロッパ諸国は、今や湾岸諸国に加わり、その莫大な資本を活用したいと考えています。

イギリスは湾岸諸国に特に影響を与えている国です。 歴史的および地理的要因により、湾岸諸国の多くの開発政策が英国国民の心に重要な役割を果たしたことが知られています。 したがって、英国首相の訪問は、より多くの石油を市場に注入するために湾岸諸国に強力な声を与えるはずです。 しかし、ボリス・ジョンソン首相にとって、この旅行には別の特別な目的があります。

ロシアとウクライナの紛争:世界は明らかにエネルギーの影響を感じていた-写真3。

英国のボリス・ジョンソン首相は、「訪問の理由は石油だけではなく、英国、特に風力発電所の再生可能エネルギーへのすべての主要な投資家です。風力エネルギーの現在の規模を早急に拡大する必要があります。英国はすでに世界有数の風力エネルギー生産国の1つですが。

昨年末、アラブ首長国連邦は、英国の再生可能エネルギーおよび技術産業に最大140億ドルを投資することを決定しました。 アラブ首長国連邦のムバダラ投資ファンドは、推定現在価値が3,000億米ドルの英国への投資を行っています。 一方、サウジアラビアは、ボリス・ジョンソン首相の訪問中に、グリーン燃料セクターへの10億ドルの投資を直ちに発表しました。

中東は再生可能エネルギーを開発しています

このように、世界の石油シンクであると言われている国々は、他のエネルギー源、すなわち再生可能エネルギーの開発に長い間焦点を合わせてきました。

昨年、石油輸出国機構自体が、世界の石油需要がいつ減少し始めるかについての予測を下方修正しなければなりませんでした。 彼らによると、2035年以降、世界は予想よりも5年早く石油の使用量を減らすでしょう。 実際、近年、世界の需要を満たすために各国が鉱業施設に十分な投資を行っていないため、石油市場は希少な状況に陥っています。

これはまた、石油輸出国が石油需要の減少期に徐々に適応するために採掘政策を調整し始めたためでもあります。

サウジアラムコやADNOCなど、これまで聞いたことのある世界の主要石油会社は、現在、クリーンエネルギープロジェクトに積極的に投資しています。 特にアラブ首長国連邦では、彼らの主要なクリーンエネルギー生成グループであるマスダールが最近、クリーンエネルギープロジェクトの魅力的な投資場所をリストアップしました。 ベトナムは、日本、韓国、米国、欧州連合と並んで言及されています。

*TVOnlineでVietnamTelevisionが放送する番組をフォローするように読者を招待します。 VTVGo

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。