レース後の9年生の死の考え

(Dan Tri) – 9 年生がランニング レースに参加中に脳卒中を起こしたというニュースは、特に学校の初日を前に、保護者を心配させています。

ランは 8 月 30 日にチュオンマイ地区 (ハノイ) のプン チャウ コミューンにあるトラム パゴダの歴史的遺物で開催されました。 2 人の選手が大会に参加中に健康上の問題を抱えていました。

最初のケースでは、3,000m の距離で、150m を開始した後、Nam Phuong Tien A 高校の 9 年生が疲労の兆候を示し、トラック上で停止しました。 その後、彼女はその場で応急処置を受け、Chuong My General Hospital で救急処置を受け、Ha Dong General Hospital に転院しましたが、一命を取り留めることはできませんでした。

2番目のケースはより幸運でした.1500mを走った後、学生は疲労の兆候を示し、疲労の兆候を示し、その場で応急処置を受け、Chuong My総合病院で緊急治療を受け、現在回復しました。

8月30日、チュオンミーで開催されたランニング大会に参加する男子選手たち(写真提供:KTDT)。

近年、学校における体育やスポーツ活動がますます注目されています。 これは正しい認識であり、必要な方向性です。 特に、子供たちが電子機器を使用して勉強し、多くの時間を費やすというプレッシャーにますますさらされている状況では. 体育やスポーツ活動への参加は、子供たちが精神的、肉体的にバランスを取り、より全体的に発達するのに役立ちます. 世界中のすべての高度な教育システムにおいて、身体活動は常に学校の最前線にあります。

ただし、これらの活動は、各年齢グループに合わせたスケジュールで、よく構成されたトレーニング プロセスと見なす必要があります。 特定の種類のエクササイズでは、それぞれの状態や健康状態に応じてパーソナライズする必要があります。 特に、ジョギングや階段の上り下りなど、身体を限界まで押し上げるような動きは、有資格者のサポートと管理が必要です。

マスコミによると、ハノイのある学校は最近、教室に入る前に 26 段の階段を上るという身体的および精神的な運動に合格するよう中学生と高校生に求めました。 これは、この学校で週に 2 回行われている体育活動の 1 つです。 今回の登りが何回目かは不明ですが、学校関係者によると、ほとんどの生徒は 26 階までの階段を登ったことがありません。

前述のように、学生のフィジカルトレーニングは必要です。 しかし、学齢期の多くの子供たちは、競技活動に従事しているときに、興奮や興奮を経験し、自分の体を最大許容限界、さらには極限まで追い込むことがよくあります。

一方、彼らはプロのアスリートではないため、必要な知識やスキルが十分に身に付いておらず、身体の基礎が十分に蓄積されていません..心拍数と血圧の急激な上昇、脳の虚血発作の出現、めまい、疲労、失神、および危険な状況につながります。

毎年、マラソン(長距離走)やトレイルマラソン(遠距離走)では、重傷を負ったり、過労死する選手が出ています。 数々のランニングレースに出場してきたプロにも不幸な出来事が起こりました。

保護者の皆様には多くの希望と期待、子供たちのワクワクと喜びを胸に新学期が始まろうとしていますが、まだまだ心配事や心配事もたくさんあります。 ジョギング、登る、階段を上るなどの子供の身体的な用事で、学校は物事が自発的に、そして制御なしに起こらないように注意しなければなりません. 主催者は、リスクを防ぐために、特に健康診断や前戯など、あらゆる状況に備えて慎重かつ積極的に準備する必要があります。 ここでセキュリティを組織する責任は、何よりもまず学校にあります。

身体活動の前に、体育の教師は時間をかけて生徒に真剣にウォームアップするように依頼し、体が激しい活動に適応する時間を確保する必要があります.

保護者はまた、潜在的な病気があるかどうかを確認するために子供に身体検査を行い、積極的に学校に通知する必要があります。

学校での体育とスポーツは、一方ではそれを二次的な科目と見なして十分な注意を払わないという両極端を避けなければなりません。準備と管理。 生徒のための体育の内容、プログラムおよび形態の更新は、科学的性格を保証し、子供の年齢および身体的状態に適合させなければならない。

著者: ジャーナリストの Bao Trung は、電子新聞 Dan Tri の科学技術部門の責任者です。 2017 年からアマチュア ランナーとして、ティエンフォン マラソン、ベトナム マウンテン マラソン、ベトナム トレイル マラソンなどの 42 km の距離のトーナメントに参加しています。

ブログ セクションでは、記事の内容に関するコメントを歓迎します。 コメント セクションに移動して、ご意見をお聞かせください。 ありがとう!

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。