ヨーロッパ諸国は中立国で嵐を乗り切る

中立国​​のモデルは、軍事ブロックとは関係がなく、冷戦の嵐の時代を乗り切るために特定のヨーロッパ諸国によって採用されました。

1991年に独立を宣言したとき、ウクライナは「恒久的に中立」になることを約束し、いかなる軍隊にも加わらないことを約束しました。 しかし、2014年にユーロマイダン運動がヴィクトル・ヤヌコビッチ前大統領を倒した後、キーウはこの地位を放棄することを決定しました。

2019年、ウクライナ議会は、ウクライナがNATOとEUの加盟国になるという条項を追加して憲法を改正しました。 クレムリンは隣国の領土へのNATO軍と基地の配備を受け入れないように繰り返し警告してきたので、このターニングポイントはウクライナとロシアの関係を長年にわたって緊張を高めるように押し進めています。 これは、ロシアが2月24日にウクライナで軍事作戦を開始した理由の1つと見なされています。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、3月12日にキーウで行われた記者会見で講演しました。 写真: ロイター。

ロシアとの1か月以上の戦争の後、3月29日のトルコの交渉テーブルで、キーウ当局者は、ロシアが軍隊を撤退させることに同意した場合、ウクライナが中立に戻る準備ができており、NATOに参加するという野心を放棄することに同意したと発表しました。ウクライナは西側から適切な安全保障を受けています。 このコミットメントを実現するために、キーウの政府は憲法を改正するか、国民投票を組織しなければなりません。

オブザーバーは、そのような中立政策はヨーロッパでは珍しいことではないと言います。特に冷戦時代には、超大国の競争が最高潮に達していました。

スウェーデンのイェーテボリ大学の政治学の准教授であるUlrikaMollerによると、中立性は、小国がより大きな隣人や地域の権力から政治的完全性を保護するためのツールです。 彼らは、他の国々が彼らを攻撃しないことに同意するのと引き換えに、特定の外交政策を放棄することに同意します。

オーストリア、スウェーデン、フィンランドは、ウクライナの解決策として最近多くの話題を呼んでいるヨーロッパの中立国の3つのモデルです。 さらに、ヨーロッパには、アイルランド、マルタ、スイスなど、中立的な外交政策を維持している、または軍事的に連携していない国が他にもたくさんあります。

トルコのレジェップタイップエルドアン大統領は本日、イスタンブールのドルマバフチェ宮殿でロシアとウクライナの代表団と会談します。 写真:ロイター。

トルコのレジェップタイップエルドアン大統領は本日、イスタンブールのドルマバフチェ宮殿でロシアとウクライナの代表団と会談します。 写真: ロイター。

フィンランド ロシアとの国境は1,300km以上あります。 彼らは1948年にソビエト連邦との友好条約を通じて中立になり、80,000人以上の兵士を殺した1939年の戦争の繰り返しを防ぐことを望んでいました。 1939年の冬戦争は、第二次世界大戦の地政学的安全保障計算と両者間の歴史的な対立によって引き起こされました。

フランスのストラスブール科学研究所の歴史専門家モーリス・カレスによれば、フィンランドの中立国は、それが超大国のすぐ近くに存在しなければならなかったとき、実際には状況によって強制されました。 冷戦の間、ソビエト連邦と米国が主導する2つのブロックの影響にもかかわらず、北欧諸国は非同盟の原則を維持しました。

しかし、この中立性は、フィンランドが大国間の競争の渦に巻き込まれるのを防ぐ上で重要な要素でもあり、Markkuによれば、議会制民主主義と市場経済の西洋モデルの開発に焦点を合わせています。 ヘルシンキ大学のロシアおよび東ヨーロッパ研究の教授、カンガスプロ。

1991年にソビエト連邦が解散した後、フィンランドは徐々に外国の方向性を西にシフトし、1995年にEUに加盟することを決定しました。しかし、NATOへの加盟を拒否する一方で、軍事中立政策を維持しました。 。

スウェーデン また、冷戦の終結後も同じ道を選び、1995年にEUに加盟し、NATOとの協力を強化しましたが、ブロックの正会員にはなりませんでした。

スウェーデンは200年以上にわたって軍事同盟への参加を避けてきました。 ウクライナでの戦争が勃発する前に、スウェーデンが最後に軍事援助を海外に送ったのは、フィンランドとソビエトの国境紛争中の1939年でした。

スウェーデンの中立政策は、1834年に正式に宣言された国際条約ではなく、伝統に基づいていました。1941年にナチス軍が領土を越えてフィンランド・ソビエト戦線に入るのを許可しましたが、同時に世界のファシズムから難民を保護しました。戦争。 II。 戦争が1945年に終わった後、国家安全保障はフィンランドの地位とソビエト連邦に対するその国のソビエト政策に大きく依存していましたが、スウェーデンは2つの超大国の影響の間で中立を保つことを選択しました。

クレムリンのスポークスマンであるドミトリー・ペスコフはかつてスウェーデンの中立国モデルについて言及しました。 Tシャツ ウクライナの将来のための可能なオプション。 第二次世界大戦後、連合国(フランス、イギリス、アメリカ、ソビエト連邦)は、オーストリアに軍隊を駐留させ、武装解除し続けました。 領土内の外国軍の存在を終わらせるために、国は中立国の宣言を受け入れました。

1955年10月26日、最後の外国人兵士が撤退したとき、オーストリアは憲法の中立へのコミットメントを正式に祀っていました。 それは、いかなる軍事同盟にも固執せず、将来の戦争において側を選択せず​​、いかなる国もその領土に軍事基地を設立することを許可しないことを宣言します。

中立国​​は、領土に駐留していた10年間の外国軍を終わらせるためのオーストリアの妥協案でした。 しかし、時が経つにつれて、中立国は、スウェーデンの中立国の伝統と同様に、国の「政治的アイデンティティ」の一部になりました。

オーストリアのルートヴィッヒ・ボルツマン戦争結果研究所の副所長であるピーター・ルッゲンターラーによれば、この国の政党は、NATOに加盟するという考えにはほとんど関心がありません。 提案が公開討論にかけられたとき、オーストリア人の大多数も抗議しました。

2020年6月の訓練中のスイスの兵士。写真:InfoSuisse。

2020年6月の訓練中のスイス兵。写真: スイスインフォ

スイス 3世紀以上の歴史を持つヨーロッパで最も古い中立国の事例は、1640年のヴェストファーレン条約とヨーロッパの大国による独立の承認から始まりました。

フランスは1789年以来スイスの一部を占領してきました。ナポレオン戦争の終結後、1815年にヨーロッパの勢力はスイスの独立を回復するために団結し、スイスの中立国を尊重することを約束しました。

スイスの中立国への取り組みは、両世界大戦でドイツとフランスの大国間の戦場となる運命を回避するのに役立ちました。 私たちが冷戦時代に入ったとき、スイスの中立性は、米国とソビエト連邦が主導する2つのイデオロギー的に対立するブロックによって尊重され続けました。

アイルランド 第二次世界大戦中の中立国への政治的移行。 1949年、この国はNATOからの参加を求められましたが、北アイルランドの問題のために英国との同盟に参加することを望まなかったため、拒否することを決定しました。 ダブリン政府は、島の再統一とイギリスによる北アイルランドの返還の条件を設定していますが、ロンドンはそれを受け入れていません。

実際、冷戦時代のアイルランドは、政治的に西側と一致したままでした。 国は軍事的中立を維持するだけであり、国の法制度でそれを指定していません。

アイルランド憲法は、オーストリア憲法のような中立性や共通の条件の概念に言及することなく、国が「国際的な正義と道徳」に基づく「平和で友好的な協力」にコミットしていることを確認するだけです。 しかし、英国が北アイルランドを支配しているため、NATOは、島への軍事攻撃の場合に介入するために軍隊を配備する能力をまだ持っています。

米国のクインシー責任あるガバナンス研究所の上級研究員であるアナトール・リーヴェンによれば、ヨーロッパの近代史は、米国の外国の政策立案者や安全保障とは異なり、この地域の国々が大規模な権力衝突の結果をより認識していることを示しています。常に地理的に安全です。

「十分な保証があれば、中立国は国に利益をもたらすだろう。実際的な保証の1つは、冷戦中にフィンランドとスウェーデンが示したように、国が自由に市場を開拓できることである」とリーベンはコメントした。 NATOとソビエト連邦のワルシャワ協定に参加しないことを約束したが、繁栄のレベルは西ヨーロッパのそれよりも低くはなかった。

元フィンランド首相のアレクサンデル・ストゥブも、自国が中立であると宣言しないと、自国の主権を維持できない可能性があることを認めています。 「冷戦時代、フィンランドの政治的安全と外交政策のスペースは限られていた。もちろん、私たちは多くの制約に耐えなければならなかったが、それらを賢く管理しなければならなかった」と彼は言った。

フィンランドのヘルシンキ大学の歴史家であるヨハンナ・ライニオ・ニエミも、中立国は平和と繁栄に関連していることが多いため、「20世紀の多くの国にとって理想的なモデル」と見なしています。 現在の不安定な国際情勢では、大国間の競争が激化する中、このモデルは依然として当てはまります。

「中立国は、関係するすべての当事者の利益を満足する場合、または少なくとも中立国がいずれの当事者にも重大な脅威をもたらさない場合、常に成功します」と日本の早稲田大学の専門家であるパスカル・ロッタズはコメントします。 「国際紛争が続く場合、中立モデルにはまだ未来があります。問題は、平和を確保するためにそれをどのように使用するかです。」

チュンナン (によると ボイスDWAFPアイリッシュタイムNPR)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です