ヤギロボットは100kgの商品を運ぶことができます

日本高山山羊をシミュレートするカワサキの遠隔操作電気ロボットは、丘などの起伏の多い地形で商品を輸送するのに役立ちます。

カワサキがヤギロボットを紹介します。 写真: カワサキ

カワサキは、電動ヤギロボットを開発し、東京で開催された国際ロボットショーで製品を展示しています。 人間型ロボットが両足で立つ代わりに、ヤギロボットは、東アフリカ、北アフリカ、ユーラシアに生息する野生のヤギであるアルパインヤギのような形をしています。

川崎はこの4本足ロボットをBexと名付けました。 これは2015年以来の同社の長期プロジェクトです。BexはKaleidoプログラムの製品です。 このプログラムの目標は、高山でも物資の輸送など、さまざまなタスクを実行できるロボットを作成することです。 イントロビデオでは、ベックスは大人を背負って歩き回るのに十分な強さを持っています。

カワサキのロボットはモジュール式で、必要に応じて別の形状に調整できます。 この機械は、重量の2倍の約100kgの貨物を運ぶことができます。 Bexは膝に一連の車輪を備えており、通常のように脚を使って走る代わりに、滑らかな表面でロボットをより速く動かすことができます。 川崎氏は、建材や家具などの輸送に加えて、韓国の現代工場のように、Bexを使用してサイトをリモートで検査すると述べた。

「ヒューマノイドロボットと車輪付きロボットの間にセグメントがあるのではないかと思った」と川崎のカレイドのチーフプログラムエンジニアである宗部正幸氏は語った。 「そのため、4本足ロボットBexの開発を開始しました。ヒューマノイドロボットの開発に使用された技術は、4本足ロボットにも適用できると考えています。」

カン (によると Tech Times)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です