ミアシャイマーの「リアリズム」からウクライナとベトナムへ(パート1)

グエン ルオンハイコイ

「大国政治の悲劇」

シカゴ大学のジョン・ミアシャイマー教授は、2001年に「大国政治の悲劇」という本の著者であり、「攻撃的現実主義」の理論を示しています。 )この理論によれば有名です:

  • 生存の必要性のために、大国は常に彼らの覇権を維持する必要があります。
  • 国際関係の性質は不確かです。つまり、国家は他の勢力が彼らを攻撃するかどうかを確信できません。 したがって、積極的な防御は常に生き残るための最初の選択肢でなければなりません。
  • したがって、大国は常に:
  • 地域の覇権を求める。
  • また、その生存の必要性のために、他の力がその覇権力を追求するのを防ぎます
  • したがって、たとえ彼らが安全を求めたとしても、大国間の対立は避けられない。 彼は、彼の著書「大国政治の悲劇」のタイトルのように、この不可避の大国紛争を「大国政治の悲劇」と呼んだ。

上記の理論をアメリカの国際関係に適用して、ミアシャイマーは、アメリカは西半球(南北アメリカ)で覇権を維持し、同時に西半球で同様の覇権の台頭を防ぐことを目指すべきであると述べた。 アフリカ、アジア)。

この本は2001年に出版されました。それは中国が世界貿易機関に加わった年であり、中国を完全に変えたイベントです。 本の終わりに、ミアシャイマーは彼の「リアリズム」で将来の米中関係を予測しています。

彼は悲観的に両国の関係を予測し、現代中国に対するアメリカの戦略的選択に冷静に疑問を呈した。 2001年から2022年までの20年以上の回顧展の後、彼が正しかったことがわかります。

ミアシャイマーは書いた:

「明らかに、21世紀の初めに米国が直面している最も危険なシナリオは、中国が北東アジアの潜在的な覇権国になることです。 もちろん、中国の潜在的な覇権の見通しは、中国が経済を急速に近代化し続けるかどうかに大きく依存します。 これが起こり、中国が先端技術の主要な生産国の1つになるだけでなく、世界で最も裕福な国になると、中国はほぼ確実にその富を使って強力な軍用機械を製造するでしょう。 (最初)

しかし、2001年にMearsheimerが書いたことは、習近平が公式に軍の組織に革命を起こし、中国の軍隊を組織、戦略、技術の両方で米国を模倣するハイテク軍に変えた2016年に当てはまりました。

マーチハイマー氏は、まず、中国が北東アジアでの覇権を目指すと考えている。北東アジアでは、最初に対処する必要のある2つのターゲットは日本と韓国である。 彼が台湾について言及しているのを見ませんでした。

「さらに、明らかな戦略的理由から、米国が19世紀に西半球で行ったように、それは必然的に地域の覇権を追求するでしょう。 したがって、他国が挑戦することのないような強力な軍事力を構築することにより、中国が日本や韓国、そしてこの地域の他の国々を支配しようとすることを期待しなければなりません。 また、中国が米国を真っ向から狙った独自のモンロー主義を開発することを期待すべきである。 米国が西半球に干渉してはならないことを遠方の勢力に明らかにしたように、中国はアジアへの米国の介入が受け入れられないことを明らかにするでしょう。 (2)

8年後の2009年、米軍関係者は、中国の将軍が両国が太平洋を共有することを提案したことを明らかにしました。西太平洋は米国に属し、東太平洋は中国に属します。 (3)

これは中国からの「賢明な」申し出です。 西太平洋は主に19世紀からアメリカの影響力のあるアメリカ大陸で構成されており、その資源は「東太平洋」、つまり主に東南アジア、北東アジアであるアジアと比較することはできません。 、そしてインド洋を含む東太平洋を含めると南アジアですら。

このように、中国の野心は北東アジアにとどまらず、中核は日本と韓国であるが、アジアの広い地域をターゲットにしている。

さらに、2013年に中国が発表したベルトと道路の戦略は、中国の野心が北東アジア、東南アジア、南アジア、南アジア、中央アジア、そして東ヨーロッパ、中央アジアにまで及ぶことを示しています。 。

ミアシャイマーは、中国が日本と韓国を核とする「北東アジア」の地域覇権のみを目指していることを示唆している。おそらく彼が本に書いた理論に基づいて、世界の列強が軍隊を配備する能力を制限しているからだろう。地球規模で、したがって、大国が地球規模で覇権を達成することを妨げています。 したがって、これらの勢力は地域レベルでのみ覇権を求めています。

ミアハイマーの理論は、19世紀以降、海事技術が単一の地理的領域の限界を超えて覇権を維持することを可能にする力に進化する前に、世界の政治に適用される可能性があります。 また、20世紀の航空機産業は海運産業と同様の役割を果たしました。 他の誰も、米国は20世紀の空の王であり、21世紀の初めにまだこのスペースの王です。 したがって、2つのブロック間の競争は東部を超えて拡大しています。 北アジア(およびアジア)は非常に遠いです。

ミアシャイマーはまた、米国が中国を大国として支持し続けるならば、それは人類の歴史の中で最も恐れられている俳優になるだろうと指摘した。 中国による」20世紀に米国が直面したどの覇権的俳優よりもはるかに強力で危険です。 20世紀に米国が「完済」したプレーヤーには、大日本帝国、ナチスドイツ、ソビエト連邦が含まれていました。 これらのプレーヤーのすべてが米国ほど多くのリソースを持っているわけではありませんが、中国は異なります。 はい 「香港の巨人になると、米国の4倍の潜在力を持ち、中国が北東アジアで米国に対して決定的な軍事的優位を獲得できるようになるだろう。この文脈では、米国がどのように中国が同盟国になるのを防ぐことができ、中国は、その後の世界的な競争において、米国よりも手ごわい超大国になる可能性があります。 (4)

ミアシャイマーは、現代のアメリカの政治の誤りは、「中国の経済成長は、今後数年間で大幅に減速するでしょう。 その後、米国 「反対の戦略を追求した」、 なぜなら “米国は、国の「封鎖」ではなく、中国の「統合」に取り組んでいます。

前述の米国の戦略 「中国が民主的で繁栄することができれば、それはそのままで米国との安全保障競争に関与しない大国になるという自由主義の信念に基づいています。したがって、アメリカは中国を世界経済とその急速な経済発展を促進し、それを豊かにし、そしてそれが国際システムにおける現在の地位に満足し続けることが望まれた。

ミアシャイマーは、中国に対するこの米国の政策がいかに間違っているかを示しています。 彼は2001年にこれらのことを予測したことに再度注意する必要があります。2000年の回想録「第三世界から第一へ」の前半でシンガポールのリー・クアンユーはまた、西側は中国について非常に妄想的であると述べました。 「わあ、ここに別のプレイヤー」 彼らは、人類の歴史の中で最もひどいプレーヤーになることを理解していませんでした。 ミアシャイマーのコメントによると:

「」裕福な中国は現状を維持する力ではなく、地域の覇権を達成することを決意した好戦的な国家となるでしょう。

これは、豊かな中国が悪い動機を持っているからではなく、国家が生存の可能性を最大化するための最良の方法は、その地域で覇権を握ることであるからです。 北東アジアで覇権を求めることは確かに中国の利益であるが、それは実際には米国の利益ではない。」

したがって、ミアシャイマーにとって、中国はその「性質」が悪いからではなく、「権威主義」であるからではなく、単に利益が自然にそこに導くからという理由で好戦的です。 それが米国のような「民主的」で「自由な」国であるならば、それ以外のことはできません。 ミアシャイマーによれば、2001年の時点で、中国はWTOに加盟したばかりであり、それは可能とはほど遠いものでした。 「地域の覇権を勝ち取るのに十分な潜在力。」 それでこの時点で、まだ手遅れではありません 「アメリカの政策の逆転」 中国に多大な支援を与える 「中国の台頭を遅らせるためにあなたができることをしなさい。」 (5)

2012年、ロバート・カプランはミアシャイマーの著書「大国政治の悲劇」にコメントしました。

「中国が社会経済危機の結果として崩壊したり、脅威の可能性を排除するような他の方法で発展したりすると、ミアシャイマーの理論は国内政策の考慮を無視するため、深刻な問題になります。 しかし、中国が軍事力として浮上し続け、アジアの勢力均衡を再形成すれば、ミアシャイマーの悲劇は古典として生き残るだろう」と語った。。 (6)

トランプ大統領の下で2018年に勃発した米中貿易戦争とバイデン大統領の下での両国間の戦略的対立は続いており、ミアシャイマーの2001年のビジョンが正しかったことを示しています。

本の終わりに彼は「非常に強力な国際システムの構造的制約により、米国は近い将来、国際環境への建設的関与の方針を放棄せざるを得なくなる可能性があります。 (402ページ)。 これは、大統領時代に国際機関から撤退するというアメリカの政策を再考する場合にも当てはまります。 資産。 このトランプ政策はバイデンによって逆転された。 バイデンは、米国が構築した国際システムを維持し、それを受け入れ、開発することを決定しました。代わりに何を構築するかを知らずにそれを破壊するのではありません。

注意します:

(1)ジョン・ミアシャイマー、大国政治の悲劇、WWノートン&カンパニー、2001年、トラン401

(4)ジョン・ミアシャイマー、大国政治の悲劇、WWノートン&カンパニー、2001年、トラン402

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。