マンシティが首位リバプールに迫る

マンシティがプレミアリーグで2位に返り咲いた

プレミアリーグ第23日最終戦、マン・シティ対ブレントフォードは意外な結果に終わった。 このラウンドの目玉試合でリヴァプールがアーセナルに敗れたことは、マン・シティにとって優勝争いで2人の対戦相手との差を縮めるチャンスとなる。

マンシティはブレントフォードに勝利し、プレミアリーグで2位に復帰した。 写真:ゲッティ。

素晴らしい試合の一日で、フォーデンは3ゴールを決めてハットトリックを達成し、ホームチームの3-1の勝利に貢献した。 この勝利でマンCは勝ち点49となり、順位表で2位に戻り、リヴァプールとは2ポイント差となっているが、まだ試合は残っている。 アーセナルも勝ち点49で優勝候補でもあるため、プレミアリーグの優勝争いは厳しくなっている。

インドネシアチームが4選手を帰化

インドネシア代表は、3月に開催される2026年ワールドカップアジア2次予選のベトナム戦に備え、攻撃的MFラグナル・オラトマンゴン(26歳、1メートル80)、左左を含む帰化選手4名を追加する準備を進めている。ウィンガー。 フルバックのネイサン・チョエ・ア・オン(22歳、1メートル82)、ミッドフィールダーのトム・ヘイ(28歳、1メートル87)、ゴールキーパーのマールテン・パエス(25歳、1メートル92)。

これら4人の選手はオランダ生まれです。 その中で、ゴールキーパーのマールテン・パエスはFCダラス(アメリカ)でプレーし、左サイドバックのネイサン・ジョー・ア・オンはヘーレンフェーン・クラブ(オランダ)でプレーしている。 MFトム・ヘイもヘーレンフェーン・クラブ(オランダ)でプレーしている。 攻撃的ミッドフィールダーのラグナル・オラトマンゴエンはフォルトゥナ・シッタード・クラブ(オランダ)に所属している。 スケジュールによると、インドネシア代表は3月にベトナム代表と2試合、それぞれ3月21日(インドネシア・ジャカルタ)と3月26日(ベトナム)に対戦する。

MUはMFマルティネスを負傷で失った

ユナイテッドのDFリサンドロ・マルティネスは、3-0で勝利した先週末のウェストハム戦で膝の靱帯を損傷し、少なくとも4月まで離脱することになるだろう。 マンチェスター・ユナイテッドの医師らによると、リサンドロ・マルティネスは手術の必要はないものの、「少なくとも8週間の離脱が見込まれる」という。 今シーズン、リサンドロ・マルティネスは負傷により3か月以上の休暇を経て、MUでわずか3試合に出場しただけだ。

Mukai Mamoru

"Travel nerd. Hard-core beer expert. Web enthusiast. Hipster bacon fanatic."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です