マレー:「大阪のように侮辱されるのは普通だ」

アメリカ元世界一のアンディ・マリーによると、ジュニアの大坂なおみは、彼女のキャリアを発展させるためにファンからの侮辱に対処する方法を見つける必要があります。

「明らかに大阪は呪われて侮辱されていることに腹を立てている。しかしそれはスポーツライフの一部だ」とアンディ・マリーはBNPパリバオープンの第2ラウンドでの大坂なおみの事件について尋ねられた。 「プロのアスリートとして、どんなスポーツでもよくある批判を受け入れる準備をしなければなりません。私は困難な状況、特にデビスカップのアウェーマッチで競争しました。テオ、テニスでのファンの攻撃的な行動は以下のとおりです。他のスポーツで。」

大阪は2年間うつ病に苦しんでいたことを認め、勝ったときはいつも不幸に感じ、負けたときは過度に悲しみました。 写真: WTA

大坂なおみは、試合の早い段階でファンに侮辱された後、3月12日のBNPパリバオープンの第2ラウンドの敗北中に涙を流しました。 それから彼女は審判に話すように頼み、彼女は何年も前に先輩のセレナとビーナス・ウィリアムズのファンの批判に悩まされていたと言いました。

大阪は、今年の全豪オープンに出場する前に、うつ病を含むメンタルヘルスの問題の治療を受けて6か月を過ごしました。 彼女は試合後にインタビューをすることを拒否したため、昨年ローランドギャロスから撤退した。

「ファンはそこにいて、好きな選手をサポートしている。しかし、攻撃的であなたを侮辱する人もいる」とマレー氏は付け加えた。 「彼らの言うことは、あなたを快適に感じさせないことがあります。サッカーでは、プレーヤーは、キックしたり、コーナーを曲がったりするときに、多くの罵倒を聞く必要があります。同様に、バスケットボールプレーヤーは、自由に投げることについて毎日それに遭遇します。大阪が問題を抱えていることを知っていますが、彼女は先に進むために自分自身をプッシュする必要があります。彼女のキャリアは非常に長いです。

大阪は7つのWTAタイトルのうち4つのグランドスラムを獲得しています。 しかし、2021年に全英オープン選手権で優勝して以来、彼女は手ぶらで14か月を過ごしました。日本のテニスプレーヤーは、20歳で全英オープン2018に優勝した後、期待のプレッシャーにストレスを感じたことを認めました。 彼女は現在78番目です。 WTAで、主要なトーナメントの早い段階で定期的にノックアウトされています。

「このフィールドには10,000人の観客がいて、一方の声がもう一方の9,999人を圧倒することはできません」とBNPパリバオープンメディアの代表は大阪で語った。 「私たちは皆あなたと一緒にいて、ここにあなたを望んでいます。来年あなたを歓迎し、あなたのすべてが最高であることを願っています。」

セリーナ・ウィリアムズ以来、大阪は最も有望な才能と見なされています。 彼女は早い段階で成功し、大規模な承認取引のおかげで、毎年最高額のテニスプレーヤーのトップに絶えず上昇しています。 しかし、大阪は彼女自身の問題のために、24歳で大きなキャリアの課題に直面しています。

Vy Anh (によると スポーツメール)。

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。