マグニチュード7.6の地震の後、日本は陸地を拡大

(ダン・トリ) – 衛星画像は、地震により海岸の土地の一部が海から持ち上がったことを示しています。 能登半島には、サッカー場約 2 個分の面積があります。

能登半島、日本の。 (写真:JAXA)

衛星画像では、2024 年 1 月 1 日にマグニチュード 7.6 の地震が発生したときに日本の能登半島が変化し、拡大したことがわかりました。

衛星画像と地盤調査結果の予備分析によると、当局は地震により海岸沿いの地面が約4メートル隆起したと発表した。 これは、能登半島の多くの地域で海岸沿いの大陸棚が水面から隆起し、いくつかの新しい海岸が形成されたことを意味します。

海磯漁港の構造物の横にある痕跡は、この場所が以前は海底深くに沈んでいたが、地震後に浮上してきたことを示しています。 (写真提供:東京大学地震研究所)
2023年6月(左)と2024年1月(右)の能登半島西部の一部。地震後に沿岸域がさらに拡大したことがわかる。 (写真:JAXA)

東京大学の情報によると、この地震により海岸線は場所によっては最大250メートル広がり、これは米国のフットボール場の2倍の長さだという。

アニメーションでは、地震後に海岸線がどのように変化したかを示しています。 (写真:JAXA)

当時、能登半島湾で漁をしていた地元住民は「地震当時、海岸線全体が隆起し、湾内の津波は隆起していた港までは届かなかった」と語った。

海磯漁港の東側に砂浜が現れました。 写真は地震から2日後に撮影されたものです。 (写真:東京大学地震研究所)

国土地理院は、能登半島の初次解析結果を発表した。 2023年6月の衛星画像と地震の数日後に撮影された写真を比較したところ、半島の多くの場所に新しい海岸線が存在していることが判明した。

東京大学は海岸沿いで調査を続けていると述べた。

によると インサイダー

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です