ボー・ヴァン・トゥオン学長が九州大学を訪問

ボー・ヴァン・トゥオン大統領 九州大学国際水素エネルギー研究センターを訪問しました。 世界有数の水素エネルギー施設です。 このセンターは主要プロジェクトの実施を専門とし、多くの日本の大手企業と協力して水素研究プロジェクトを実施しています。 現在、九州大学は伊都キャンパスに「水素社会」のミニチュア模型を建設しています。これは、多くの装置、機械、機構を備えた日本初の「水素社会」模型の一つです。 水素分野の最新インフラ。 ファム・フン・クオン博士は、このセンターで働き、研究を行っている唯一のベトナム人です。

ボー・ヴァン・トゥオン学長が九州大学の教員や学生と講演。

日本は 2017 年に世界で初めて水素戦略を採用した国でした。 目標は、2050 年までに水素がエネルギー構造の 10% を占めるようにすることです。 日本 は、今日通常の電気自動車のバッテリーを製造する際に、石油、ガス、レアアースへの依存を避けるために、この分野に多額の投資を行っています。

*石橋達郎九州大学学長、学校指導者、本学で学ぶベトナム人学生との会談において、ボー・ヴァン・トゥオン学長は、九州大学の評判、威信、110年以上の歴史的伝統にふさわしい九州大学の業績と発展の方向性を高く評価した。 年。

ボー・ヴァン・トゥオン学長が九州大学を訪問
ボー・ヴァン・トゥオン学長と九州大学の学生たち。

学長は、ベトナムの教育訓練機関との協力プログラムを通じて教育を拡大し、ベトナム人留学生を同校で受け入れるという九州大学の意向を歓迎した。 学長は同校に対し、ベトナムの人的資源の育成と質の向上を図るため、ベトナムの大学や地域との協力を促進するよう要請した。

学長は、九州大学のベトナム人留学生に向けて、ベトナム人学生の学業生活やベトナムと日越関係への貢献への意欲を語った後、ベトナム人学生の学業と研究における傑出した成果に喜びを表明した。 大統領は留学生に対し、知識、経験を培い、団結し、支え合い、守り合う努力を続け、日本に強力なベトナム人コミュニティを共同で構築し、それによって日越関係の架け橋となるよう求めた。

*同日午後、ボー・ヴァン・トゥオン大統領夫妻とベトナム政府高位代表団は福岡を出国して帰国し、日本政府の招待を受けて公式訪問を無事終えた。

ナビ

によると: https://www.qdnd.vn/chinh-tri/tin-tuc/chu-tich-nuoc-vo-van-thuong-tham-d…

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です