ホーチミン市には、国内で最高級のデータセンターがあります

NTT Telecommunications Group(日本)は、ホーチミン市のハイテクパークに標準データセンターを設立するために、総額5,600万米ドルを投資しました。

この情報は、ホーチミン市ハイテクパーク(SHTP)の理事長であるグエンアンティ氏が、2022年の4月19日の朝に市の人民委員会との実施タスクに関する会議で提供されました。 。 。 ティ氏によると、この事業を運営する際には、ベトナムで最高品質のデータセンターを形成する予定です。 これにより、Google、Amazonなどの多くの大企業がベトナムの領土でデータサービスを使用するようになります。 現在、国内企業は高品質のデータサービスを提供することができません。

ティ氏は、企業の投資証明書は今年初めに付与され、プロジェクトを実施するための次の手順を実行し続けたと述べました。 「NTTグループの都市への投資は、SHTPが2022年にFDIを誘致する計画の43パーセントを達成するのに役立ちます」とThi氏は述べています。

SHTPのリーダーによると、ハイテクパークに徐々に企業を引き付けるために、投資促進会議が5月に開催される予定です。 今年の初めから、取締役会は、プロモーション活動を実施するために、ハイテクパークの残りの土地基金を調査しました。

2019年11月に上から見たホーチミン市ハイテクパーク。画像: クイントラン

計画によると、今年、SHTPは3億2000万ドルの投資資本を引き付けると予想されており、そのうちFDI資本は1億3000万ドル、国内企業は1億9000万ドルです。 今年の生産額は、2021年から40億ドル増加し、18%増加して140億ドルに達すると予想されています。 20年間の運用後、SHTPのリーダーは、リストラ、サイエンスパークの拡張、定量的評価、新しい期間の戦略的開発目標の設定という目標を設定しました。

ホーチミン市人民委員会副委員長のVoVanHoan氏は会議で講演し、20年間の運営の後、SHTPは多くの地域で複製されてきた効果的なモデルであると述べました。 最初のモデルから、それは後にハイテク活動で合法化され、ホーチミン市と全国の社会経済にプラスの影響を与えました。 Hoanは、SHTPリーダーが、過去20年間の実施結果の評価に焦点を合わせ、今後10〜15年間の開発戦略を計画することを提案しました。

ホーチミン市人民委員会の副委員長であるVoVanHoan氏は、2022年にハイテクパークでタスクを実行するために会議で講演しました。 写真:ハアン

ホーチミン市人民委員会副委員長のVoVanHoan氏は、4月19日の朝の会合で講演した。 写真: ハアン

Hoan氏は、SHTP企業のビジネスは、古いテクノロジーや古い方法を使用するだけでなく、より高いレベルに到達するために変革する必要があると述べました。 「ハイテクはハイテクパークのキャンパスから持ち出され、社会経済の発展にさらに貢献するために、ハイテクアプリケーション活動のために機関、大学、その他の企業と連携する必要があります」とホアン氏は述べています。

ベトナムには現在、ホアラック(ハノイ)ハイテクパーク、ホーチミン市ハイテクパーク、ダナンハイテクパークと工業団地、ドンナイバイオテクノロジーパークを含む4つのハイテクパークがあります。 現在、カントー市とハナム県はハイテクパークを設立するプロジェクトを持っており、関係当局からの承認を待っています。

ハイテクパークモデルは、国内外の投資を呼び込み、技術の研究と移転、人材育成などを行う環境を作り出すように設計されています。 地域、地域、そして国全体の社会経済的発展に奉仕すること。

ハアン

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。