ホーチミン市がベトナム-日本U13選手権で優勝

ホーチミン市U13川崎フロンターレを3-0で制し、ホーチミン市U13がベトナム-日本2022国際U13チャンピオンシップで初めて優勝しました。

ベトナム-日本U13ユース選手権は、ベトナムと日本の外交関係の樹立を記念する伝統的なトーナメントです。 今年のトーナメントには、アンザン、ビンフォック、プーニャンホーチミン市、ビンドゥオン、ビンドゥオンユーストレーニングセンター、ヴァンタムドンナイ、ホーチミン市、川崎フロンターレを含む8つの参加チームがあります。

3日間の大会の後、トーナメントは3月20日の午後に終了し、ホーチミン市と川崎フロンターレの決勝戦が行われました。 同等の優れた強さで、ホーチミン市は3-0で優勝してチャンピオンになりました。 3位はホストのBinhDuongに属しています。

ホーチミン市のU13チームは、実際にはバリアブンタウに本拠を置くユベントスフットボールアカデミーのU13プレーヤーのグループです。 チームは、アカデミーのディレクターであるDinhHongVinh氏によって率いられています。 「これは学生にとって初めての成果ですが、この成果は、長年のトレーニング、練習、そして共に成長した結果であるため、非常に嬉しく思います。今日のチャンピオンシップは、ユースサッカーの創造過程における私たちのモチベーションです。将来的には、ベトナムのサッカーにはもっと若い才能があるだろう」と語った。

決勝戦終了後、主催者は8チームから選ばれた優秀な若手選手を含む、日本とベトナムの子役の大会を開催しました。 ベトナム代表が「日本の子供スター」チームを3-2で制した。

ドンフエン

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。