ベトナム人研修生の虐待事件

入国管理局(ISAJ)と厚生労働省(MHLW)の行政処分により、岡山県に本拠を置く建設会社「シックスクリエイト」は外国人インターンの受け入れを禁止される。 5年間。

日本の古川禎久法務大臣は、東京での記者会見で、今後同様の事件が発生した場合、日本政府は厳格に対処すると述べた。

以前、日本のメディアは先月、ベトナムの技術研修生が岡山県の建設会社で働いているときに同僚に虐待されたと報告し、会社に謝罪と補償を要求したと報じた。 福山タンポポ労働連盟(広島県に本拠を置く)は、前述のベトナム人労働者の虐待事件を、日本に本拠を置く機関であるインターン技術訓練機構(OTIT)に報告したと述べた。東京は外国人労働者の訓練プログラムの監督を専門としている。

福山丹後組合によると、ベトナム人である41歳の研修生は2019年秋に来日し、前述の建設会社で働き始めた。 しかし、約1か月の仕事の後、3人の日本人の同僚が彼を虐待し始めました。 このインターンは3本のリブを壊しました。 インターンを支援した福山タンポポ組合会長の武藤光嗣氏は、同社は虐待を認め、ベトナム人インターンを謝罪し補償すると述べた。

これらの虐待に対応して、1月24日、ISAJ、厚生労働省、OTITは、インターンのホスティング会社と証券会社に職場内暴力を監視するよう求める声明を発表しました。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。