ベトナムは海底ブロードバンド光ファイバーケーブルルートが最も長い

PacifyViettelからQuy​​NhonへのADC国際海底ケーブルは、APG(アジアパシフィックゲートウェイ)ケーブルの3倍の帯域幅容量を備えています。

軍事および電気通信業界グループ(Viettel)は、ADC(Asia Direct Cable)が5番目に大きい海底ケーブルルートであり、投資規模は2億9000万ドルで、これまでで最も多いと述べています。 ADCの地下ケーブルの長さは9,800kmで、容量は140Tbpsを超えます。 最新の伝送技術は、アジア太平洋地域の国と地域を接続するのに役立ちます。

他の海底光ファイバーケーブルとともに、ADCは、試運転時に、Viettelの国際接続容量の合計に18 Tbpsを追加し、ベトナムから国際への大量の高速接続容量を提供するのに役立ちます。

このプロジェクトは、Viettelと、Singtel、China Telecom、SoftBank、China Unicom、NT、PLDT、TATACommunicationsなどの世界の主要な国際通信グループとの間の投資と建設の協力に基づいています。

ViettelGroupのメンバーであるViettelEnterpriseSolutions Corporation(Viettel Solutions)の副ゼネラルマネージャーであるDoan Dai Phongは、ADCマリンケーブルラインが完成した後、Viettelは2023年に商業運転を開始すると述べました。

Viettel EnterpriseSolutionsCorporationの副ゼネラルマネージャーであるDoanDaiPhong氏。 写真: ベトテル

ネットワーク事業者の代表者は、新しいケーブルラインは、セキュリティを保証しながら、モノのインターネット(IoT)、自動化、インテリジェンス(AI)、バーチャルリアリティAR /VRなどの高速を必要とする国際インターネット接続アプリケーションの展開に適していると述べました。 、ネットワークの冗長性、インターネットサービスおよびその他のViettel国際接続サービスの品質保証。

軍事産業-電気通信グループ(Viettel)は、ADCが海底ケーブルルートであると発表しました

4月19日、クイニョンでADCケーブルルート発表式が行われました。 写真: ベトテル

クイニョンランディングステーションは、ベトテルで3番目の専用海底ケーブルステーションです。 ADCは、シンガポール、日本、香港、中国、フィリピン、ベトナム、タイなどのアジア太平洋地域の国と地域を接続します。

これまでに、Viettelが投資した5つの海底ケーブルプロジェクトには、AAE-1(ブンタウにある着陸ステーション)、TGN-IA(ブンタウにある着陸ステーション)、APG(ダナンにある着陸ステーション)が含まれます。 ナン)とAAG(ブンタウにある着陸ステーション)とADC(クイニョンにある着陸ステーション)。

フォンヴァン

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。