ベトナムの画像解析技術が日本ITウィークに集結

大阪コンピュータウィークジャパンショー。 写真:デューク・シン

展示会の3日間で、国内外から160社以上の企業が最新の製品と技術ソリューションを展示しました。 特に、ベトナムのCIVAMSインテリジェント画像管理・分析ソリューションとクラウドMSPデジタル転送ソリューションは、多くの日本企業の注目を集めています。 これらは、CMC Corporation(ベトナム)が開発し、このグループの子会社であるCMCJapanが日本に展開した技術製品です。

VNAの記者へのインタビューで、Si&C DigitalCorporationの寺門晃CEOは次のように述べています。「今回の展示会では、CMCのCIVAMSインテリジェント画像管理および分析ソリューションに非常に興味があります。 このソリューションで私が感銘を受けたのは、感情認識テクノロジーです。 現在、流行の状況により、ほとんどの人がリモートで作業しています。 私たちのようなマネージャーとして、私たちは従業員の感情を理解するのに苦労しています。 CIVAMSは従業員の士気をよりよく理解するのに役立つと思います。

インテリジェントな画像処理技術に基づいてCMC研究所(CIST)の専門家によって開発された、CIVAMSは、ビデオ分析、顔認識、身元認識、体温の測定および制御が可能です。 出入りする人の流れがたくさんあります。 一方、Cloud MSPを使用すると、顧客はサービスプロバイダーの専門家を通じてクラウドコンピューティングのパワーを活用できます。

CMCジャパンのゼネラルマネージャーであるグエン・ティ・トゥ・ハン氏は、次のように述べています。 また、この活動を通じて、関西地域の企業との取引関係を拡大し、より多くの機会と新しいプロジェクトを模索し、日本の顧客にベトナムのエンジニアが作った高品質の製品を紹介できることを願っています。」

グエン・ティ・トゥ・ハン氏によると、CMCジャパンは、日本のソフトウェアアウトソーシング(ITアウトソーシング)の分野で主導的な地位を獲得し、この市場の顧客に画期的な技術製品を提供し、技術的才能を開発するための理想的な環境になるよう努めています。 両方の国で。

2017年8月に設立されたCMCJapanは、日本市場でベトナムを代表するソフトウェアアウトソーシング企業の1つであり、継続的な成長率は200%を超えています。 CMC Japanは、日本に4年以上参入して以来、Softbank Technology、Si&C、SRA、Intage、OSTなどの多くの大企業を含むこの市場の100を超える顧客と協力関係にあります。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。