ベトナムの小売市場は投資を引き付け続けています

その60%近くが小売、サービス、消費者セクターに焦点を当てています。 輸出工場の拡大だけでなく、日本の投資家の目から見て、ベトナムはこの地域で魅力的な消費者市場になりつつあります。

魅力的な人口規模(ベトナムの市場優位性)に加えて、一連の自由貿易協定(FTA)が発効し、市場の開放性が高まっています。 したがって、ベトナムを生産地としても消費者市場としても考えることがトレンドになっています。

「日本企業がベトナムを消費者市場と見なし始めているので、それは強い傾向であると言えます。 一人当たり所得の増加により、国内売上高の増加が見込まれます。

ベトナムは、日本の投資家が製品の生産拠点としてだけでなく市場としても選択できる多くの利点を提供します」と、プロモーション組織の最高代表である平井雅樹氏は述べています。 ホーチミン市の日本の貿易は言った。

今後5年から10年の間に、ベトナムは東南アジアの中産階級の成長率において主要国の1つになると予想されています。 これは、ますます多くの投資家がベトナム市場、特に小売およびサービス部門に関心を持っている理由を説明しています。

昨年末現在、日本はベトナムに投資している国と地域の中で2番目にランクされており、プロジェクトあたりの平均規模は1,340万米ドルです。

*TVOnlineでVietnamTelevisionが放送する番組をフォローするように読者を招待します。 VTVGo

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。