ベトナムの人権保護政策は一貫している

9月22日午後の外務省の定例記者会見で、一部の国際人権団体がベトナムの立候補について賛否両論を持っているという事実に対するベトナムの反応に関する情報を求める記者の質問に答えて、国連人権理事会に選出された。 )これらの組織は、ベトナムの人権記録は依然として脆弱であり、人権理事会との協力が不足していると述べているため、外務省のスポークスマンであるLe Thi Thu氏は述べた.

「我々は、一部の外国組織がベトナムの状況について表明した誤った、非客観的で悪い偏見を完全に拒否します。

繰り返し確認されているように、ベトナムの一貫した政策は、基本的人権を保護し促進することです。 これは、2013 年憲法および関連する多くの法的文書で規定されています。 過去数年間の人権保障の分野におけるベトナムの努力と成果は、国際社会から認められ、高く評価されてきました。 ごく最近では、2022 年 3 月、ベトナムは、ベトナムが普遍的定期的人権レビュー メカニズム (略してフェーズ III の UPR) の下で受け入れた勧告の自主的な実施に関する中間報告書を発表し、加盟国の説明責任、透明性、ベトナム政府の責任を実証しました。特に UPR メカニズムに対する真剣さ、および一般的な人権の保証に関する国際公約の実施に対する真剣さ。

ベトナムはまた、国連人権理事会の特別手続きとの協力の精神を積極的に示し、多くの国との二国間人権対話メカニズムを定期的に維持しています。 率直さ、開放性、相互尊重の精神で、共通の関心事の質問を提供し、交換する準備ができています。

* カンボジアのベトナム人の状況に関するブリーフィングで、外務省報道官 Le Thi Thu Hang は、9 月 21 日現在、ベトナム側は 1,000 人以上の市民を救出し、他の何千人もの市民の手続きを支援するためにカンボジア側と調整していると述べた。 今後、外務省とベトナムの代表機関は、領事業務を強化し、カンボジアの市民を保護するための措置を実施するために、国家当局、関連する地方自治体、およびカンボジアとの調整を続けます。 発生した問題に迅速に対処し、詐欺された市民、違法な労働斡旋業者を家に連れて帰り、最も重要なこととして、ベトナム市民の正当な権利と利益を確保します。

フォンリン

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。