ベトナムのマンゴーの輸出市場を拡大

日本のベトナムからのマンゴー輸入は300%増加し、韓国からのマンゴー輸入は130%増加し、多くの機会が開かれましたが、生産者は継続的に品質を改善する必要があります。

上記の情報は、3月15日にドンタップの植物保護局がマンゴー生産者と開催したオンラインセミナーで提供されました。

現在、ベトナムの生鮮マンゴーは中国を中心に22カ国に輸出されており、マンゴー製品は53カ国に輸出されています。 2021年には、約60万トンのマンゴーが他国に輸出され、前年比42%増加します。 その中で、日本への輸出量は2020年の215トンから昨年は640トンに3倍になり、同様に韓国は生産量を130%増加させました…

植物保護局のグエン・ティ・トゥ・フォン副局長は、5年間の交渉の末、日本はベトナムからキャットチューマンゴーを輸入することに合意したと述べた。 2022年初頭、この国は、メコンデルタで栽培されたキャットチューマンゴーのみを輸入していたときに、輸出業者が誤ってカンボジアのマンゴーをベトナムのキャットチューマンゴーに詰め込んだ事件のため、マンゴーの輸入を停止すると発表しました。

ホン氏は、休憩後、日本は再び輸入したが、この市場には、栽培地域が承認されたコードを持っている必要がある、包装施設が同時に2つの市場を閉鎖しないなどの追加要件があると付け加えた…

また、日本は、栽培エリアコード、梱包施設、加工施設(20分で47度の高温蒸気)、検査、および輸出前の検疫からラインを厳しく管理しています。 「日本のような厳しい市場がマンゴーを輸出できれば、他の市場にとっては問題にならない」とフォン氏は語った。

ドンタップ省の庭師は、庭からマンゴーを収穫した後、マンゴーを選びます。 写真: ゴックタイ

現在、全国にはマンゴー栽培のための845の市外局番があり、面積は42,000 haで、31%を占めています。 特に、日本に輸出されているキャットチューマンゴーは、ドンタップを中心に16のプランテーションエリアコードが発行されています。 輸出に加えて、植物保護局はまた、消費者に簡単にアクセスできるように、州が主要都市に専門店チェーンを持つことを奨励しています。

ドンタップ省の農業農村開発局の副局長であるLeQuocDienは、困難な市場での輸出を増やすことはベトナムの農産物の促進にも役立つと述べた。 そこから他の国からの観光客を魅了し、他の多くの農産物を楽しんで購入します。

ゴックタイ

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です