ベトナムのイノベーション企業投資ファンドは60%増加しました

ベトナムイノベーションアンドテクノロジーインベストメントレポートによると、2021年にベトナムは多くの投資家を魅了し、事業に参加する投資ファンドの総数は60%増加しました。

4月21日の朝に発表されたレポートによると、2021年はベトナムのベンチャーキャピタルにとって記録的な年であり、総投資額は14億米ドルで、2019年の過去最高の8億7,400万米ドルから1.5倍に増加しました。ベトナムでの活動に参加している投資ファンドの総数は60%増加し、国々に均等に分配されました。 その中で、最も活発な投資家がいる国はシンガポールです。 日本からの投資活動も、2年間の減速の後、徐々に活発になっています。

ナショナルイノベーションセンター(NIC)とベンチャーキャピタルファンドのDo Venturesが世界イノベーションデー(4月21日)に共同発表したこのレポートは、イノベーションとリニューアルの役割についての認識を高めることを目的としています。

同日の午後、科学技術省は、国家革新と知的財産の日に対応するための式典を開催しました。 ここで、フイン・タン・ダット科学技術大臣は、科学、技術、革新が国の社会経済的発展の原動力と基盤として特定されていると述べました。 したがって、科学、技術、イノベーションの分野での成果を称え、認める活動を促進し、この問題について地域社会や社会を敏感にする必要があります。

大臣は、ベトナムが資本と労働に基づく成長モデルを科学、技術、革新に基づく成長モデルに変えていると付け加えた。 これは長期的な目標と見なされており、省庁、支部、地方自治体、研究機関、大学、企業の参加と協力が必要です。

フイン・タン・ダット大臣が式典で講演しました。 写真: TTTT

「より良い未来のための知的財産、革新、そして若い世代」というメッセージとともに、このフェスティバルはまた、若い世代によってもたらされた革新と創造を称えます。

ベトナムのユネスコの最高代表であるクリスチャン・マンハート氏は、イノベーションと強力な知的財産保護を促進することは、若い世代の重要性と可能性を実現するのに役立つと指摘しました。 「このテーマは、若い世代の役割を実現し、新しい解決策を見つけ、持続可能な開発への方向性を変えるのに役立ちます」と彼は言いました。

ベトナムの44/132か国の世界的なイノベーション指数を参照すると、18,500を超える製品の発明があり、クリスチャン・マンハート氏はこれを称賛に値する成果だと考えています。 2022-2026年の間に、彼は、クリーンエネルギー、STEM政策、数学、医療制度、投資誘致、庭園政策、新興企業のインキュベーション、スマートシティ…

ベトナムのユネスコの最高代表であるクリスチャン・マンハート氏。 写真:TTTT

ベトナムのユネスコの最高代表であるクリスチャン・マンハート氏。 写真: TTTT

イベント中、WIPOの東南アジア駐在員事務所の責任者であるピーター・ウィリモット氏は、知的財産はイノベーションを促進し、研究開発活動を展開する財務結果を最適化するのに役立つツールであると述べました。 彼は、強力な知的財産権保護システムを備えた国は高いイノベーション指数を持つだろうと指摘した。

彼は、「知的財産は法的権利であるだけでなく、知的財産を財産と見なし、登録だけでなく商業化にも焦点を当て、投資を促進するための触媒にならなければならない」と述べた。

ニュークイン

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。