ベトナムで最も輸入車を販売しているのはどの会社ですか?

日本の自動車メーカーはトヨタと三菱を中心に最も多く売れる車を輸入しているが、韓国のブランドは輸入車を売っていない。

ベトナムで販売するCBU車の組み立てと輸入は別として、これは企業の重要な事業セグメントです。 人気のある車の場合、インドネシアとタイが2つの主要な輸入場所ですが、高級車はドイツ、英国、イタリア、メキシコ、米国、マレーシアなど、より多様な起源を持っています…

市場には自動車を組み立てる3つの名前(起亜、現代、ビンファスト)しかありませんが、国内市場の純輸入業者の数ははるかに多いです。 この数には、フォルクスワーゲン、スバル、日産、ジープ、MG、およびアウディ、BMW、ボルボ、ポルシェ、マセラティなどのすべての高級車および高級車のブランドが含まれます。市場と会社は正確な売上高を公表していません。

ベトナムで輸入販売されている珍しい(一時的な)韓国車モデルのクレタ。 写真: CVモーター

ヒュンダイの唯一のケースでは、ディストリビューターのTC Motorは、2022年の第1四半期にインドネシアからクレタを輸入して販売(54台の販売)しますが、2023年から組み立てる必要があります。韓国ブランドの商業的方向性は、自動車を輸入するのではなく、組み立てです。

以下は、ベトナムで自動車ブランドごとに販売された輸入車の販売統計です。

人気ブランドの中で、トヨタは輸入車と組み立て車の両方の形態を販売する最もバランスの取れた会社です。 輸入車セグメントはやや良く、総自動車販売台数の約55.5%を占めています。 2021年のトヨタからの輸入車の販売台数は37,300台を超え、市場をリードしています。 2022年の第1四半期において、この立場は変わりませんでした。

カローラクロス、ベトナムで最も売れているトヨタの輸入車。 写真:トヨタ

カローラクロス、ベトナムで最も売れているトヨタの輸入車。 写真: トヨタ

日本の合弁会社は現在、国内でViosとInnovaを組み立てており、残りの15モデルはインドネシア、タイ、日本から輸入されています。 特に、フォーチュナーはベトナム製自動車販売のより大きなシェアを組み立てて輸入した。 カローラクロス、カムリ、さらにはMPVベロスクロスが現在、同社の主要な輸入モデルです。

三菱はベトナムで販売されている輸入車の点でトヨタに後れを取っている。 エクスパンダーだけでも、インドネシアの輸入車モデルは、2021年の日本の輸入車(23,240台)の総売上高の約53%を占めています。このミニバンモデルのみが1万諸島の国から輸入され、残りの製品(アウトランダーを除く) Triton、Attrage、PajeroSportなどの少量の地元で組み立てられたXpander)はタイから輸入されています。

純輸入活動は、いすゞとスズキが乗用車セグメントで共通していることですが、売上高は市場で最も低いものの1つです(売上高データを公開している企業のみ)。 ベトナムにある日本企業2社の工場は商用車しか設置していない。 いすゞ車はタイの工場から輸入されていますが、スズキも同様ですが、エルティガとXL7はインドネシアから輸入されています。

ホーチミン市のマツダドライブがタイから輸入したピックアップモデルBT-50。 写真:タコ

ホーチミン市のマツダドライブがタイから輸入したピックアップモデルBT-50。 写真: タコ

マツダは、チュオンハイの販売権の下で唯一人気のあるブランドであり、輸入車が製品リストに記載されています。 BT-50、CX-3、CX-30、Mazda2などのモデルはすべてタイから輸入されており、2021年の販売台数は約7,000台で、マツダのベトナムでの総販売台数の約26%を占めています。

マツダに最も近い輸入車を販売しているのはホンダで、6,100台近くあります。 ホンダの2つの主要モデルであるCityとCR-Vは国内で組み立てられていますが、Civic、Accord、HR-V、Brio、Jazzなどの他のすべての製品はインドネシアとタイから輸入されています。

ベトナムで組み立てられる「黄金の卵」ピックアップモデルであるレンジャーを動かして、フォードの合弁会社は現在、タイと米国からそれぞれ輸入されたエベレストとエクスプローラーしか持っていません。 これら2つのモデルの販売は、フォードの販売構造にわずかなシェアをもたらします。

タンナン

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。