ベトナムで最もガソリンを消費しない車

レジスターによると、マツダ2、トヨタカローラクロス、スズキエルティガ、ヒュンダイツーソン…の燃料消費量は、このセグメントで最も低いものの1つです。

燃料消費量は、多くの人が車を購入するときに心配する要因の1つであり、特にサービス会社やその収入はそれほど豊富ではありません。 ベトナムで現在発売されている車種数は、登録を宣言した企業が製作したもので、本機が確認・証明書を発行します。

以下は、各セグメントで最も経済的な自動車のリストです。ガソリンエンジン、混合道路(都市部の内外)のみをカウントしています。 この統計は、新車モデルのみを示しています。 車の燃費は、走行時の道路状況、車両状況、ドライバーの運転習慣、技能など、他の多くの要因に大きく影響されるためです。

テールゲートcỡA:トヨタウィゴMT-5.31 l / 100 km

Aサイズのシティカーの中で、トヨタウィゴ5速マニュアルバージョンは燃料消費量が最も少ないです。 4気筒エンジンを搭載した車両、1.2リッターの容量、86馬力の容量、107Nmのトラクション。

ハノイで運転しているトヨタWigoモデル。 写真: VMT

Wigoは、起亜モーニング、ヒュンダイi10などの韓国モデルが小都市車セグメントを買収した2018年以来、ベトナムで販売されています。 インドネシアから輸入したトヨタのモデルで、同セグメントで最も売上が少ない。

セダンcỡB:日産アルメーラMT-5.1リットル/ 100 km

日産アルメーラは、2021年から新しい販売代理店VADの下でベトナムでの販売を再開し、タイからの輸入に切り替えました。 1リッターターボエンジン、容量100馬力、トルク160 Nmを搭載した車両。5速マニュアルギアボックスと組み合わせると、Vios、City、Accentなどの競合他社が存在するセグメントで最高の燃料消費量を実現します。

サイズBのモデルカー、アルメーラをデザインします。 写真:日産ベトナム

サイズBのモデルカー、アルメーラをデザインします。 写真: 日産ベトナム

やや小さめのサイズはBセグメントモデル用です。このグループはタイから輸入したMazda2モデルで、燃費がほぼ最適です。 4.62リットル/100キロ。

エンジンはMazda2に搭載された1.5リッター4気筒SkyActiv-G、容量110馬力、最大トルク144 Nm。ベトナムで販売されているすべてのMazda2バージョンには、6速オートマチックトランスミッションが搭載されています。

セダンcỡC:マツダ3-5.9 l / 100km

また、Mazda2で同じ1.5リッターSkyActiv-Gエンジンを使用することで、Mazda3モデルはセグメントをリードする燃費を実現します。 ただし、近い将来、登録サービスのデータにより、1.8ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド車のトヨタアルティスの燃費が更新され、燃費は約4.3になる可能性があります。リットル/100km(トヨタ発表)。

Mazda3はハノイでドライブします。 写真:Luong Dung

Mazda3はハノイでドライブします。 写真: ルオン・ドゥン

Mazda3にとって、それはCX-5に道を譲る前にベトナムで会社の最も売れたモデルでした。 Mazda3は、クアンナム省チューライ工業団地のチュオンハイ工場で組み立てられています。

セダンcỡD -トヨタカムリHV-4.6リッター/100km

2.5ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドエンジンを搭載したカムリHVは、このセグメントで最も「ガソリン」が少ないモデルです。 トヨタはベトナムで唯一人気のある自動車メーカーであり、現在、外部充電なしでハイブリッド車を販売する戦略を推進しています。

2022年式カムリの青いロゴが入ったHVバージョン写真:TMV

2022年式カムリの青いロゴが入ったHVバージョン。写真: VMT

近い将来、ホンダはハイブリッド構成のHR-Vを販売する可能性が高い。 日産キックスに似ていますが、内燃機関のソースで充電する電気タイプです。

MPV :スズキエルティガAT-5.95 l / 100 km

市場に出回っているミニバンの中で、スズキエルティガが最も燃費の良いモデルです。 1.5リッターエンジンバージョンは、4速オートマチックトランスミッションに関連する103馬力の容量を備え、100kmあたり6リッター未満を消費します。 手動バージョンは、6.11リットル/100kmの数値でわずかに良くなります。

ホーチミン市の販売店でのエルティガATバージョン。 写真:Pham Trung

ホーチミン市の販売店でのエルティガATバージョン。 写真: Pham Trung

エルティガは、三菱エクスパンダー、トヨタアバンザと競争してインドネシアに入った。 小型MPVグループの中で最も安い価格ですが、装備は十分ですが、その形状は、このセグメントで最も遅い車であるベトナムの顧客の大多数には適していません。

B / B +クロス: トヨタカローラクロス-4.2リッター/100km

ハイブリッドエンジン構成のおかげで、トヨタはBサイズの低燃費セダンよりもさらに低燃費のカローラクロスモデルを追加しました。日本のモデルは、1.8リッターガソリンエンジンと電気モーター、CVTトランスミッションを組み合わせたものです。 。

ホーチミン市トゥドゥック市のエージェントのカローラクロス(右から1番目)。 写真:Pham Trung

ホーチミン市トゥドゥック市のエージェントのカローラクロス(右から1番目)。 写真: Pham Trung

タイから輸入し、2020年後半からベトナムで販売したカローラクロス。B+ CUVモデルがヴィオスを抜いて、2022年にトヨタのベトナムでのトップセラーとなった。

ハイトクロッシング :ヒュンダイツーソン-6.68リットル/ 100 km

ツーソンの燃費が最高のバージョンは、1.6リッターターボ付きエンジンを搭載し、180馬力の容量と7速デュアルクラッチトランスミッションを搭載したタイプ。 ツーソンにはこのエンジンのバージョンが1つしかなく、残りの3つのバージョンにはすべて2リッターエンジンが搭載されています。

新世代のツーソンはニンビンで運転します。 写真:TCモーター

新世代のツーソンはニンビンで運転します。 写真: CVモーター

ツーソンは2021年の終わりにベトナムで新世代を迎えました。 ニンビンのタンコン工場では、国内で車両の組み立てが続けられています。

サイズDクロスオーバー: 起亜ソレント-7.9リットル/100km

最高の燃料消費量を持つDサイズのCUVモデルの選択は、起亜ソレントの2.5ガソリンバージョンに属しています。 この車のエンジンは、177馬力の前輪駆動の6速オートマチックトランスミッションとペアになっています。

ソレントは国に集まり、ホーチミン市のエージェントに展示されました。 写真:Thanh Nhan

ソレントは国に集まり、ホーチミン市のエージェントに展示されました。 写真: タンナン

2020年9月から新世代がベトナムに参入したとき、外観が一新され、設備が充実したソレントは、素晴らしいショッピング熱を生み出しました。 しかし、モデルの魅力は衰え、今では仲間のヒュンダイサンタフェに取って代わられています。

DサイズSUV: トヨタフォーチュナー2.7AT-10.7l / 100 km

サイズDSUV、ベトナムのフォーチュナードライブ。 写真:TMV

サイズDSUV、ベトナムのフォーチュナードライブ。 写真: VMT

独立したシャーシ構造を持つSUVのセグメントでは、フォーチュナーだけがガソリンバージョンを保持しています。 フォードエベレスト、三菱パジェロスポーツ、いすゞmu-Xなどのライバルはすべてディーゼルエンジン構成を販売しています。 フォーチュナーの最も燃費の良いバージョンは、2.7リッターガソリンエンジン、6速オートマチックトランスミッション、2輪駆動、164馬力の容量を備えています。

タンナン

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。