フランスが元日産会長に国際逮捕状を発行

フランスの検察官は、国が2019年に日本から逃亡した元日産会長のカルロスゴーンに国際逮捕状を発行したと言います。

フランスのナンテールの検察官は本日、ゴーンの経営陣が率いるルノー・アライアンス・ニッサンとオマーンを拠点とする自動車流通会社のスハイル・バーワン・オートモービルズとの間の1630万ドルの疑わしい支払いに対して、元日産会長のカルロス・ゴーンの逮捕状が発行されたと述べた。 (SBA)。

フランス当局はゴーンと4人の元SBA幹部に逮捕状を発行し、元日産会長がルノーの資金を車の購入を含む彼の個人的な使用のためにSBAに送金したと主張している。ヨットの長さは36.5メートル。

「ゴーンが常にフランス当局と協力してきたことを考えると、このニュースは驚くべきことだ」と元日産会長のスポークスマンは国際逮捕状について知らされた後、ロイターに語った。

フランスがゴーンに対して国際逮捕状をどのように執行するかは不明である。 ゴーンは昨年のインタビューで、フランス当局に対して彼の評判を守るための長いプロセスの準備ができていると発表し、インターポールが発行した国際逮捕状に上訴することを約束した。

フランコ・レバノン人実業家のゴーンさん(68歳)は、2018年11月に、彼の最高補佐官であるグレッグ・ケリーとともに、金銭上の違法行為で日本で逮捕されました。 どちらもその主張を否定している。

2018年9月にフランスで開催されたカルロスゴーン。画像: AFP

2019年4月末、ゴーンは保釈金として890万ドルを支払い、逃げないことを約束し、無実を証明するために日本に滞在したいと述べました。

しかし、2019年12月、裁判を待っている間、ゴーンはバンドメンバーを装ったグループが彼の家に演奏のために来たおかげで彼の東京の家から逃げました。

バンドの演奏後、身長1.67メートルのゴーンは大きな楽器の箱に隠れて、地元の空港に直行した。 彼は空港の検問所を通過し、トルコに向かった後、プライベートジェットで日本との引き渡し条約を結んでいないレバノンに向かった。

ゴーンは、日本で公正な裁判を受けることができないと思ったので、逃げなければならなかったと述べた。 元日産会長はまた、日産が彼を逮捕するために検察官と共謀したとして非難した。

レバノンに住む元日産会長は、フランスの世界的な逮捕状についてコメントしなかった。

ノック・アン (によると AFP)。

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。