フェイクニュースが地震被災者の救助を妨げ続けている

七尾市の避難所にいる男性(45)は「被災地を不審者が徘徊しているという情報がSNSで流れたため、寝る間はスマホや鍵、お金をポケットに入れておかなければならなかった」と語った。 (石川県)心配です。

男性は知人から、地震後に避難した住民の輸送に使われたシルバーのトラックの写真を受け取ったと語った。 画像にはナンバープレートもはっきりと写っています。 情報がインターネット上で拡散していることを知り、彼は他の人たちに情報を伝え続けることを決意した。

この「熱意」のおかげで、車に関する警報はすぐに多くの避難所に放送されました。 しかし、その後、トラックは通信会社のもので、携帯電話の塔を修理する作業員によって運転されていたことが判明した。

同社は後に声明で「当社は被災者の支援に努めている。誤った情報の拡散は遺憾だ」と述べた。

誰が最初にニュースを広めたのかは不明だが、この写真の急速な人気はソーシャルネットワーク X (Twitter) への個人の投稿から生じた。 この人物は、マグニチュード7.6の地震で最も大きな被害を受けた地域である能登半島出身で、後にその情報が虚偽であったことを知り、投稿を削除して謝罪した。 しかし、この写真は千回以上再投稿されている。

この人は「生まれ育った場所を助けたいだけ。(自分の行動を)後悔している」と語った。

別のケースでは、石川県の40代の女性が、倒壊した家で「病気の息子が閉じ込められている」と助けを求める投稿で自宅の住所がXでシェアされ、誤情報の被害に遭った。

女性は、自宅の被害は最小限で、実際には息子もいなかったにもかかわらず、知人や警察から何度か連絡を受けたと語った。 「緊急時の警察活動への妨害は容認できない」と彼女は言った。

実際、震災後の誤報の問題はすでに岸田文雄首相によって指摘されている。 この指導者はまた、国民に対し「厳しく自制」し、有害な情報や虚偽の情報を広めないよう呼び掛けた。

法政大学の坂本純教授(メディアリテラシー)は「根拠のない情報を広めると、その行動が正義感からのものであれ、悪意からのものであれ、混乱を招く」と指摘する。

坂本純教授は、不審な情報を完全に排除することは非常に難しいが、受け取った情報に証拠がないと感じる人は、「その情報の根拠は何なのか?」と自問することが重要だと付け加えた。 »

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です