バクザン省の電子情報ポータル

日・ASEAN関係樹立50周年を記念する首脳会議参加プログラムを継続し、日本での二国間活動を実施するため、12月16日午前、東京でファム・ミン・チン首相とベトナムの省庁、支部、地方自治体の指導者らが日本の主要国との協議に参加した。グリーン変革と社会インフラに関する経済企業。 バクザン省人民委員会のレ・アン・ズオン委員長も議論に参加した。

このイベントでは、誠実、信頼、協力の精神に基づいて、日本の経済団体とベトナムの省庁の代表者が機会、機会、そして困難や新たな課題を分析しました。 学んだ教訓を共有する。 特に新興地域における二国間貿易・投資協力を促進するための実践的かつ実現可能な解決策について議論する。

ファム・ミン・チン首相は日本の主要経済団体との通商交渉に参加した。 写真: Duong Giang/TTXVN

また、再生可能エネルギーの開発、交通インフラのグリーントランスフォーメーション、電気自動車政策と社会インフラの整備、医療・健康、教育、優遇政策、政策等について、日本企業のそれぞれの具体的な意見や提案に対して各省庁の長が回答しました。産業の発展をサポートします。 、特定のプロジェクトに関連する困難や障害を取り除く…

各省庁の長らはまた、関係者がビジネス対話メカニズム、特に投資協力活動における新たな課題を解決するための日越共同イニシアチブの役割を引き続き推進することを期待している。

バクザン省人民委員会のレ・アン・ズオン委員長は日本のパートナーらと会談した。 写真提供者: Duong Giang

セミナーで講演したファム・ミン・チン首相は、常に決意、真剣さ、威信、責任感、法律の尊重、従業員の生命への配慮を示し、常に環境保護に注力している日本の投資家を高く評価した。

首相は、新型コロナウイルス感染症パンデミックの出現以来、困難と変動を伴う世界の経済・政治状況に言及し、ベトナムは国内の強さと国際友人の援助・協力のおかげでしっかりと立ち上がってきたと断言した。 2023年、ベトナムはこれまでのところ約250億ドルの貿易黒字を抱えており、約300億ドルの登録FDI資本と約200億ドルの支出を呼び込んでいます…ベトナムは約800万トンの米も輸出しており、世界の食料安全保障の確保に貢献しています。

首相は、ベトナムが開発の基本的要素を保証し続けるとともに、リードタイム、コンプライアンスコスト、投入コスト、物流コストを引き続き削減し、ビジネス競争力を向上させることを確認した。 首相は、品質、効率、先端技術、環境保護を目的とした外国投資の協力と選択的誘致の政策により、ベトナムは以下の分野における投資プロジェクトの誘致を優先していると述べた:グリーン経済、グリーン経済などの産業および分野デジタル経済、循環経済、知識経済。 科学技術、イノベーション、電子部品、電気自動車など。 半導体産業、新エネルギー、再生可能エネルギーなどの潜在的なコア技術。 金融センター、グリーンファイナンス。 バイオテクノロジー、医療…

首相は日本の大手企業に対し、ベトナムが次世代の開発援助(ODA)資金にアクセスできるよう支援するよう要請した。 グリーン金融投資の財源、公正エネルギー移行パートナーシップ(JETP)、「アジア・ゼロ・エミッション・コミュニティ(AZEC)」の枠組み内でのエネルギー移行のための投資。 日本政府の「イノベーション・デジタルトランスフォーメーション基金(イノベーション・DX)」など、今後の社会経済の持続的発展に向けたモチベーションを生み出すイノベーション投資リソース。

日本の経済団体が懸念する多くの具体的な問題を明らかにし、首相は、ブロックB-オモンガスプロジェクトチェーンに関連する問題の包括的な解決、特に関連通達の改正を引き続き主導すると述べた。 政府はまた、2024 年に地域の電力不足が繰り返されることを回避するための抜本的な解決策も講じています。

首相は、「利益の調和、リスクの共有」の精神に基づき、ベトナム政府が常に外国人投資家全般に寄り添い、耳を傾け、支援し、有利な条件を作り出すことを約束した。 特に日本の投資家は長期にわたって持続的に投資に成功してきました。 -ベトナムでの用語。

レ・アン・ズオン省人民委員会委員長は、株式会社アワンモールと覚書を締結した。 バクザン省のショッピングモールに2億5000万ドル相当の投資を行う。

討論中、省人民委員会のレ・アン・ズオン委員長は、多くの日本の大手経済企業の代表者らと会談し、交流した。 同志たちは、この州の可能性、強み、傑出した成果についての背景情報を提供した。 バクザン省における日系企業を含む外国企業・投資家の投資誘致や活動の最近の状況。

レ・アン・ズオン同志は、バクザン省が常に歓迎し、最も有利な条件を作り出し、企業と投資家、特に日本の投資家を支援することに尽力していると強調した。 同時に、我々は、投資調査段階から省内の生産プロセス全体と商業活動に至るまで、省が常に投資家に同行し、行政手続き、困難、障害を支援することを誓約する。

これを機に、レ・アン・ズオン省人民委員会委員長は、株式会社アワンモールへの投資に関する覚書に署名した。 バクザン省の2億5000万ドル相当のショッピングモールで。

これに先立ち、12月15日午後、レ・アイン・ズオン省人民委員会委員長とベトナム高官代表団は、ファム・ミン・チン首相と山本一太群馬県知事との会談に出席した。 知事や群馬県の代表的な企業とのディスカッション。 柴田合成株式会社を訪問し、そこで働くベトナム人労働者を激励しました。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です