ハノイで刺身2300万

刺身料理には、ニャチャンの綿ロブスター、クロマグロの腹、アワビなど、ベトナムと日本の食材が含まれています…

「味は甘くて脂っこく、バターのように口の中でとろけます」と、ハノイの日本食レストランで1,000ドル(約2,300万ドン)の刺身ボートでマグロを楽しんでいる顧客はコメントします。 生姜のピクルスを食べたり、酒を飲んだりして前の味を消しながら、アワビ、黄色いオヒョウ、ホタテなど、日本のペリラの葉、新鮮なマスタードの根、醤油を楽しみ続けます。

レストランの刺身部分は、10種類の具材を使った88個入りです。 写真: ランフォン

この刺身船は3月から運航されており、これまでに約50人が楽しんでいます。 根本秀明シェフは、2021年に鳩山由紀夫元首相を迎えた後、彼とシェフの京グエンが考案したと語った。

「当時、鳩山さんのために 『友情』という刺身料理を用意しました。ベトナムと日本は文化や料理に多くの類似点があると言っていたので、料理を作ることは両国の架け橋だと思いました。根本さんは言った。

これがこの刺身が生まれた理由です。 繁栄と幸運を象徴する88個の料理で構成されています。 アワビ、クジラ、黄色いヒラメ、新鮮なウニ、ホタテ、キンキなど厳選された食材…その中には、ニャチャンコットンロブスターなどの高価な食材があり、上の男が必要です。 各1.5kg、販売価格1kgあたり1,000万ドン。 2つ目は、1kgあたり1500万ドンの価格のクロマグロの腹です。 この魚は競売にかけられ、監視されてベトナムに飛ばされます。 3つ目は日本のアワビ300グラムで、価格はそれぞれ300万ドン以上です。

日本料理はその鮮度と洗練さが特徴であるため、食材は冷蔵してベトナムに24時間以内に発送する必要があります。 定規がなくても、刺身はシェフが適切な長さに、薄く、または鱗のように角度を付けてカットします。

ハノイで2300万ドンの刺身料理

刺身料理の具材。 ビデオ: ランフォン

キョウグエン氏は刺身を作るシェフを生物学者と比較しています。 エビを切るときは、分泌物を見つけて正しいものを選び、ナイフで巧みに切り、分泌物がエビに浸透しないようにし、超低温で肉を縮め、カリカリに保ち、純粋な味。 日本のマグロと同様に、食感をつかむ必要があり、専用のナイフを使用して4.5cm、1.2cmの厚さに切ります。 それぞれのナイフラインは確実に撃たれ、長方形の魚はきちんと滑らかです。 魚が薄いと甘みが出にくく、厚いとタフになります。

「私たちのシェフのナイフと刀は、堺市の労働者によって鍛造されているので、食材の滑らかさと滑らかさを保証します」とKyoNguyen氏は言いました。

シェフが材料を準備している間、残りの料理人は海藻を中に入れてアイスクリームを切り、大きなボウルまたは小さな木製のボートに入れます。 アイスクリームは、料理を飾るだけでなく、刺身の各部分がテーブルに運ばれたときに必要な新鮮さを保つためのものです。 料理の風味を存分に味わうには、最初のピースはロブスターでなければなりません。 最初の味を取り除くために、ゲストは日本酒または漬物のスライスを飲むことができます。 次の料理は、黄色いオヒョウ、ホタテ、近畿魚、クジラ、アワビ、ヤマアラシ、そして最後にマグロです。

マグロの腹肉は鋭利な刃で永久にカットされているので、とても滑らかで均一です。 写真:Lan Huong

マグロの腹肉は鋭利な刃で永久にカットされているので、とても滑らかで均一です。 写真: ランフォン

BTCのミスユニバースベトナム2022ページェントのアシスタントオーガナイザーであるTruongVuHoa Mi氏は、この料理を最初に試食した人の1人として、次のようにコメントしています。 。 彼女はまた、居心地の良い空間、細心の注意を払ったサービス、衛生的な台所用品を高く評価しています。 彼女にとって、多くの栄養価に加えて、この料理は、ゲストを迎えるとき、親戚や友人との会合で選ぶのにも適しています。

ランフォン

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。