トヨタ・クラウンの歴史:日本メーカーの“記念碑的”クルマ

68年前、トヨタは高級セダン「クラウン」を発売し、後に同社最古の乗用車ラインとなり、日本の自動車産業において重要な役割を果たした。

1957 年にクラウンはアフリカに進出し、1 年後には米国に輸出された最初の日本の乗用車となりました。 1962年、クラウンはヨーロッパに輸出されました。

トヨタ クラウンの話は以下の通りです。

理性が生まれる

クラウンの開発は、日本が急速な経済と産業の成長を遂げていた 1950 年代初頭に始まりました。 現在、日本は世界有数の道路網を誇っていますが、当時は全国の道路のうち舗装されているのはわずか1%程度でした。

その結果、ドライバーの運転体験は悪化します。 トヨタがこの機会を捉えて、高級感があり、でこぼこ道の欠点を克服できるクラウンシリーズを生産したのはこのためです。

クラウンの品質は、ヨーロッパ、アメリカ、国内の自動車メーカーを合わせたものよりも優れていると考えられています。 例えば、日産は英国のオースティンと提携し、日野はフランスのルノーと提携して日本で自動車を生産している。 つまり、当時の技術力を持った国内メーカーは、海外メーカーからしかデザインを受けないことが多かったのだ。

このような状況において、トヨタは日本人による国産自動車生産の夢を追求するために独自の自動車ラインの開発を続けています。 これが2代目社長、豊田喜一郎氏の野望だ。

1955年1月、「日本の悪路でも快適なクルマの開発」を目標に開発された初代クラウンが発売されました。

初代トヨタ・クラウンの1台(写真:くるまニュース)。

このセダンは長年にわたってトヨタの製品ラインにおいて重要な役割を果たしてきました。 クラウンは日本で発売されたとき、その国のほぼすべての顧客に熱狂的に受け入れられました。 それが、発売からわずか 2 年後に他の多くの国に輸出された理由です。

おそらく、クラウンの遺産の大部分は、その他国への導入が、トヨタにとって日本国外での最初の意図的な投資となったことにある。 クラウンの米国進出は、未開拓の市場におけるトヨタの乗用車の可能性を示すパイオニアとして注目に値する。

トヨタクラウンの復活

しかし、快適性、現代的なデザイン、性能の向上にも関わらず、クラウンは米国での人気を博すことができず、1973年に生産中止となった。昨年7月、トヨタは、このシリーズの自動車を正式に「改良」し、かつてないほどの人気を取り戻すことを目指した。消費者の愛。 。

こうしてクラウンは16代目に突入した。 今回、新型クラウンは4つのボディ構成で差別化を図った。 以前、こちらからのレポートで、 ロイター クラウンSUVには今夏、ハイブリッドバージョン(ガソリンと電気のハイブリッド車)が北米と中国市場で発売されると考えられている。 2024年までに完全電気自動車バージョンが発売される予定だ。

クラウンの復活により、多くの専門家は技術面も含めて多くの改善が行われることを期待している。 マウントエアリートヨタによると、クラウンの新バージョンは、6または11スピーカーのオーディオシステムを活用するために調整された高度なソフトウェアインターフェイスを備えているという。 さらに、優れた顧客エクスペリエンスを提供するために、運転支援テクノロジーの最新要素も実装されています。

トヨタ・クラウンの歴史:日本メーカーを代表するクルマ - 2

トヨタは2022年に世界で最も売れている自動車ブランドとなる(写真:ロイター)。

トヨタ自動車については、1月末に発表した決算によると、2022年の日本市場での自動車販売台数は190万台まで減少した。

しかし、この減少は、海外市場での記録的な860万台の販売によってほぼ相殺されました。 生産能力の増強と海外市場の最適化により、トヨタは昨年、世界生産を5%増加させた。 このおかげで、トヨタは2022年にも1,050万台を販売し、世界で最も売れている自動車ブランドであり続ける。 日本の自動車メーカーがこのタイトルを獲得するのは3年連続となります。

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です