トヨタベトナムは一連の車の価格を引き上げようとしています、最高は4000万ドンです

日本の自動車メーカーは、Viosの2つの組み立てられた範囲、Innovaと7つの輸入モデルで5月1日から価格を上げると言いました。これは4000万ドンの最大の上昇です。

組み立て車の2つのモデルは、わずか500万から600万の最小の増加を記録しましたが、輸入車は1600万から4000万の増加を記録しました。 次のように:

(レイズ、ヤリス、ランドクルーザー、プラド、アルファードの範囲は1つのバージョンのみを販売しています)

この価格は、5月1日から請求される車両に適用されます。 したがって、お客様は上記のモデルを値上げしない価格で購入するのに1か月の猶予があります。 次回値上げしないモデルは、ウィゴ、カローラアルティス、アバンザプレミオ、ベロスクロス、フォーチュナー。 ハイラックスのようなラインが、ラッシュはもはや車を売っていません。

トヨタベトナムは、価格は各段階や各モデルの戦略に応じてさまざまな要因に依存すると説明し、それに応じて価格を調整します。 一方、ディーラーは、材料費、半導体チップ、輸送費の高騰により、費用を賄うために車の価格を引き上げる必要があり、利益率をあまり変えなかったと顧客に説明した。

ハノイのトヨタカローラクロス。 写真: ミン・クアン

ハノイ地域の一部のトヨタディーラーは、5月1日からの値上げを避けるために、顧客が車を早めに受け取るために保証金を支払うことを提案し始めました。 新しい価格は請求日に適用されるため、顧客が4月に保証金を支払い、契約を結び、5月に請求書を発行する場合でも、新しい価格を受け入れる必要があります。

ディーラーによって、各ディーラーでの請求書発行の条件は異なりますが、通常、顧客が車両の価値の100%を支払った場合、または全額を支払い、保証を伴う分割払いの顧客と一緒に適用されます。銀行から受け取った。

表示価格を上げることに加えて、多くのトヨタモデルはまた、スポットレートを得るために既製およびディーラーアクセサリーで販売されています。 追加のアクセサリーを購入するために必要なモデルは、レイズ、または次のような価格チャネルです 素早く 5,000万〜6,000万台、ランドクルーザーLC300は約12億台。

トヨタ以前は、起亜自動車もグローバルサプライチェーンの影響で一部のモデルの価格を引き上げていました。 価格が上昇しているだけでなく、多くの自動車メーカーは、組み立て部品の数が不足しているために自動車が不足しています。

Anh Duong-Pham Trung

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。