トヨタはサイバー攻撃で日本の工場を閉鎖

シャットダウンは約13,000台の自動車の生産に影響を及ぼします、または日本でのトヨタの月間生産の4-5%。

によると 日経トヨタ自動車は、大手サプライヤーがサイバー攻撃を受け、部品供給管理体制が崩れたため、3月1日に全工場の操業を停止した。

トヨタの子会社である日野自動車とダイハツ自動車も、日本の一部の工場で操業を停止する。 具体的には、日野自動車が大型・中型トラックの輸出・国内販売を行う古賀工場と、小型トラックの生産・トヨタの生産を行う羽村工場の全操業を停止する。 現在、自動車メーカーは3月3日以降に通常の運転を再開できるかどうかをまだ決定しています。 シャットダウンは約13,000台の自動車の生産に影響を及ぼします、または日本でのトヨタの月間生産の4-5%。

今回のサイバー攻撃は、トヨタにプラスチック部品を供給している小島プレス工業を狙ったものです。 児島容疑者は3月1日朝、身代金のメッセージを受け取り、ウイルスの存在を確認したと発表した。 「私たちがハッキングされたのは事実です。 小島プレス工業の関係者は、「トヨタの生産方式をできるだけ早く復旧することを最優先に、被害と対応を検討している」と語った。

\いいえ

この件に詳しい別の情報筋によると、「トヨタの代表者とサイバーセキュリティの専門家が小島プレス工業にいて、システムの原因と復旧方法を特定している」とのことです。 トヨタが直接取引している約400のTier1(Tier 1)サプライヤーの多くは、自動車メーカーのジャストインタイムシステムに接続されており、小島プレス工業で認可された問題をトヨタにエスカレートさせることができます。

日本政府や法執行機関もこのサイバー攻撃を調査していることが知られています。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。