デザートは壊れた壁のようなものです

日本多くのダイナーは、石膏皿がどのように見えるかについて興味があるので、OpusesRestaurantに来ます。

東京・銀座のザ・ロイヤルパークホテルにある高級レストラン「オーパス」は、壁や漆喰の皮をむいた形のデザートで際立っています。

皿は壊れた石灰の壁のように見えます。 写真: ITメディア

苺の生クリームを卵白で作ったメレンゲのケーキで覆った灰色と言われています。 このデザートは一見ライムの壁のように見えます。 臨場感を高めるために、黒ゴマをケーキに混ぜて壁にも似たような模様を作りました。

アイデアは奇妙だと考えられていましたが、その料理は依然としてダイナーから賞賛されていました。 「目の代わりに味蕾を使って楽しんでください」とある人は提案しました。

日本食レストランが奇妙な料理を作ったのはこれが初めてではありません。 その前は、大阪にあるフランケンレストランで、ボウルにアイスクリームコーンが入った味噌ラーメンを提供していました。 この料理はまた、多くの国内外のダイナーの注目を集めています。

ケーキはイチゴのクリーム、時にはクルミでいっぱいです。 写真:ツイッター

ケーキはイチゴのクリーム、時にはクルミでいっぱいです。 写真: ツイッター

現在、日本は依然として多くの疾病予防策を課しており、国境は海外からの訪問者に完全に開放されていません。 そのため、多くの人が、この国がユニークな料理を楽しむために再び訪問者を迎える日を待っていると言いました。

ミンさん (テオ ITメディア)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。