タイ紙「ベトナム代表が日本に負けたのは残念」

昨夜(1月14日)、ベトナムチームが日本に2対4で敗れた後、タイの新聞サイアムスポーツは次のように書いた。「日本は激しい試合を戦い抜き、ベトナムチームに4対2で勝利した。 南野は同選手のワールドカップ初戦で2ゴールを決めた。 アジアカップ2023。

サイアムスポーツは「東南アジアナンバーワンのチーム(ベトナムチームを指す)は懸命に戦ったが、最終的な勝利は依然として日本チームのものだ。日本チームは今年のアジアカップで最初の勝ち点3を獲得した」と付け加えた。

昨夜の試合ではベトナムチームが日本を2-1でリードした(写真:AFC)。

約2週間前、日本は東京で行われた親善試合でタイチームを5-0で破った。 したがって、この試合でベトナムチームが日本に2失点できたという事実は非常に驚くべきことだと考えられる。

サイアム・スポーツ紙は「11分に南野が日本の先制ゴールを決めたが、ベトナムチームが状況を好転させるのに時間はかからず、いくつかの素晴らしい状況は収まった」と報じた。

「グエン・ディン・バクがコーナーキックをヘディングで決め、ボールをゴールの遠い隅に決め、日本のネットを揺らした。さらに、別のフリーキックではボールがトゥアン・ハイの足元に届き、この選手がゴールを決めてスコアを広げた。 2-ベトナムチームは1位。

ベトナムチームによるこのゴールは、日本のブルーサムライの誇りに打撃を与えたようなものだ」とサイアムスポーツは報じた。

タイ新聞:ベトナムチームは残念ながら日本に2敗

日本チームは依然としてアジアナンバーワンチームにふさわしい(写真:Thairath)。

しかし、日出ずる国のチームは東南アジアサッカーの代表よりもさらに強かったため、日本がベトナムチームに圧力をかけ、得点して試合に勝つのは必然でした。

サイアム・スポーツは「前半休憩前に南野と中村がゴールを決め、日本が3-2とリードした。後半には上田彩世が日本の4-2の勝利を決定づけた」とコメントした。

同時に、タイの有力日刊紙タイラート紙は、「ベトナムチームが日本に負けたのは残念だ。ベトナムチームは懸命に戦ったが、結局のところ、日本は依然としてアジアナンバーワンのフォースワンだ」と報じた。 」。

「ベトナムとの試合で、日本は一時寝込んでしまいましたが、見事盛り返してきました。この試合の結果、日出ずる国のチームが4-2で勝利しました。初戦を勝利で飾りました」予想通りの3点だ」とタイラートは続けた。

タイの主要日刊紙はベトナムチームについて、「トルシエ監督のチームはインドネシア戦(1月19日)とイラク戦(1月24日)の残り2試合を楽しみにしているはずだ」とコメントした。

タイ新聞:ベトナム代表、惜しくも日本に3敗

2023 年アジア カップを FPT Play でライブで全編視聴できます。 https://fptplay.vn/

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です