タイは人口の高齢化の問題を解決しようとしています

急速に減少する出生率は、タイを「超古代社会」になる危険にさらし、多くの社会経済的影響をもたらします。

タイは、出生率の低下を防ぐために子供を増やすよう人々を誘惑し、親を支援するための保育園と出産センターを設置し、家族生活の喜びを宣伝するソーシャルメディアの影響力者を引き付けようとしています。

2020年3月にバンコクのバス停で赤ちゃんを抱く女性。写真: ロイター。

このキャンペーンは、タイで生まれた赤ちゃんの数が2013年以来ほぼ3分の1に減少したことから始まります。昨年、タイは544,000人の出生を記録し、少なくとも60年間で最低でした。

タイの人口動態の傾向は、日本やシンガポールなどの他のアジア経済と似ています。 しかし、安価な労働力と成長する中産階級に大きく依存する新興市場として、少子化は国にとってはるかに深い影響を及ぼします。

タイのタンマサート大学の人口統計学者であるTeeraSindecharakは、次のように述べています。

タイの最高保健当局者であるSuwannachaiWattanayingcharoenchaiは、これらの憂慮すべき現実に照らして、政府は介入する必要があると感じたと述べた。

「私たちは、家族が早く子供を産む準備をすることで、出生数の減少を遅らせ、傾向を逆転させようとしています」と彼は言い、政府はすべての子供が最大限の支援を受けられるようにする政策を導入するだろうと付け加えた。

この計画には、現在バンコクやその他の主要都市に限定されている生殖補助医療センターを76の州に開設し、ソーシャルメディアのインフルエンサーを動員して出産を促すメッセージを広めることが含まれています。

しかし、そのような政策は、Chintathip Nantavong、44のような人々にとって遅すぎるかもしれません。 彼女と彼女のパートナーは子供を持たないことに決めました。

「子供を育てるには非常に費用がかかります。幼稚園の学期は50,000から60,000バーツ($ 1,520から$ 1,850)、そして数百万の費用がかかります」と彼女は言いました。 ナンタボンによれば、タイは現在、他の多くの国のように優れた社会福祉政策と生殖医療施設を持っていません。

少子化に苦しんでいる地域はタイだけではありませんが、経済を維持するために移民労働者に頼らざるを得なかった先進国ほど裕福ではありません。

社会情勢が変化し、子育てに対する態度が債務負担や高年齢の介護義務などの要因に影響されているため、現在の状況が逆転する可能性は低いとアナリストは述べています。

学者Teeraは、タイは「超高齢社会」になりつつあり、60歳以上の人々が人口の5分の1以上を占めると述べました。 タイの人口の約18%は現在60歳以上です。

昨年の生産年齢人口と高齢者の比率は3.4でしたが、2040年までに当局は比率が1.7に低下する可能性があると予測しています。

タイの国家政策企画局長であるダヌチャ・ピチャヤナン氏は、ビジネスフォーラムで、「製造業は生産性の低下に直面するため、熟練した労働力を育成し、自動化技術を使用する必要がある」と述べた。 タイは現在、この地域の自動車と電子機器の主要な生産国です。

バンコクの店のベビーカーに赤ちゃんが座っています。 写真:ロイター。

2020年6月にバンコクの店のベビーカーに赤ちゃんが座っています。写真: ロイター。

Danuchaは、この懸念される人口動態の傾向が政府予算にも負担をかける可能性があると述べています。 オブザーバーによると、高齢者の幸福はまだ完全には保証されておらず、月額手当はわずか600から1,000バーツ(18から31ドル)です。

「過去10年間で子供を産むことを決定することはより困難になりました」とTeeraは言い、過去10年間でタイの経済は停滞しましたが、生活費は上昇し、収入は減速しています。

アナリストは、政治的分裂、債務の増加、教育費も子供を持つことに対する態度の重要な決定要因であるため、短期的な解決策では不十分かもしれないと警告しています。

タイ中央銀行のデータによると、家計債務は国内総生産のほぼ90%に達し、2010年の59%から増加しました。

タイはまた、過去20年間のほとんどの間、2回の軍事クーデターと大規模な反政府抗議により、政情不安に悩まされてきました。

しかし、子供を持たないことを選択するChinthathipのような人々にとって、コストは依然として大きな問題です。

「中産階級、サラリーマン、または生計を立てるために苦労している人々もそう考えます」と彼女は言いました。 「私たちは今猫を飼っています、そしてそれは子供を育てるほど高価ではありません。」

ホアンを見た (によると SCMP)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。