シンガポールはベトナムへのFDI流入で日本を追い抜く

日本からベトナムへのFDI流入は鈍化する傾向にあり、ベトナムへの総投資額で初めてシンガポールに次ぐ国となっています。

2月20日現在の外国投資省(計画投資省)のデータによると、シンガポールは、今年の最初の2か月間のベトナムへの外国直接投資(FDI)の合計でトップの国であり、 17億ドル以上。 韓国は総投資額14億ドルで2位にランクされました。

これまでのところ、韓国はベトナムに資本を投資した最初の国であり、登録資本金は784億米ドルを超えています(総投資資本の18.7%を占めています)。

しかし、何年にもわたって、日本はベトナムへの総投資額が2番目に多く、現在はシンガポールに次ぐ国です。 実際、日本からのFDI流入は、シンガポールからの投資が増加し続けている一方で、2020年以降減速する傾向にあります。

そのため、今年の初め以来、ライオン島国は初めて日本を追い抜き、ベトナムへの直接投資の「次点」になりました。

特に今年の最初の2か月で、外国投資庁は、大規模なプロジェクトがあまりないため、新たに登録された資本がさらに縮小したと述べた。 ただし、調整後資本と株式購入のための拠出資本はともに同期間に増加しました。

さらに、2月20日現在のFDIプロジェクトは、昨年の同時期から7%以上増加して27億ドルを支出したと推定されています。

今年の最初の2か月で、外国人投資家は合計21の国家経済部門のうち17の産業に投資しました。 その中で、加工および製造業は、31.3億ドルを超える総投資額で先導しており、登録された総投資資本のほぼ63%を占めています。

不動産事業は、総資本が15億米ドルを超え、30%以上を占める2位にランクされました。 これに続いて、専門の科学技術事業、発電および配電があり、登録総資本はそれぞれ1億960万米ドルおよび約6000万米ドルです…

今年の最初の2か月の主なプロジェクトには、都市インフラの建設のための投資プロジェクトと、約9億4,100万米ドルの追加投資を伴うVSIPサービスのBac Ninh(シンガポール)が含まれます。 Samsung Electro-mechanics Vietnam Companyのプロジェクトは、タイグエンに9億2000万米ドルの投資資本を調達しました。

一方、電子機器、ネットワーク機器、マルチメディアオーディオ製品ファクトリープロジェクト(香港)も、バクニンへの投資を3億600万米ドル近く増やしました。

2月20日の時点で、FDIプロジェクトは63の州と都市すべてを対象としています。 その中で、ホーチミン市は、528億米ドル(総投資資本の12.6%に相当)を超えるFDIを誘致する最初の地域です。 次は、約378億米ドル(総投資資本の9%に相当)のBinhDuongです。 約376億米ドル(総投資資本の約9%に相当)のハノイ。

クイントラン

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です