シンガポールとチューリッヒ(スイス)は世界で最も物価の高い2大都市

シンガポールは今年、再び世界で最も生活費が高い都市となった。

今年のランキングではシンガポールが1位に返り咲いた。 また、特定のカテゴリの物価が「非常に」高いため、この都市が過去 11 年間でリストのトップになったのは 9 回目です。

具体的には、シンガポールは現在、道路を走る車の台数を政府が厳しく管理していることが主な原因で、交通費が世界で最も高い。 ライオン シティは、衣類、食料品、アルコールを買うのに最も高価な場所の 1 つでもあります。

同時に、チューリヒの上昇は、食品、家庭用品、娯楽の価格の高騰と相まって、スイスフランの強さを反映している。

次いでジュネーブ(スイス)とニューヨーク(米国)が同率3位となった。 香港(中国)が5位、ロサンゼルス(米国)が6位となった。

全体として、アジアは他の地域に比べて平均価格上昇率が比較的低い状況が続いています。 このおかげで、中国の南京、無錫、大連、北京や日本の大阪、東京など、この地域の多くの主要都市が新しいリストで順位を下げた。

EIUは新たなランキングを発表すると同時に、世界的な生計費の危機は終わっていない、とも警告した。

その結果、一般的に使用される200以上の商品やサービスの価格は平均して現地通貨で前年比7.4%上昇し、記録的な昨年の8.1%上昇からは鈍化したが、依然として2017年から2021年の傾向に比べて大幅に高い水準にある。

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です