コーチパーク:「結果は期待されたものではなかった」

ハノイ朴恒緖監督によると、ベトナムの選手たちは一生懸命頑張ったが、3月24日の夜の2022年ワールドカップ予選でオマーンにふさわしい結果を得ることができなかった。

コーチパークは、3月24日の夜にミーディンスタジアムで行われたオマーンの試合中にベトナムの選手を率いています。 写真: ラムトー

My Dinhで、ベトナムは先制行動を意図してゲームに参加しましたが、意味のある機会を生み出しませんでした。 前半半ば、チームは試合に負け、オマーンはトラン・グエン・マンのゴールに波を引き起こした。

同じシナリオが後半に起こりました。そこでは、ベトナムが、Cong Phuong、Van Toan …の攻撃で、印象的かつ継続的にコーナーの状況に圧力をかけ始めました。 しかし、ホストが興奮した適切なタイミングで、オマーンはコーナーキックを利用して65分に唯一のゴールを決めましたが、失敗しました。 ゲーム全体で、チームはオマーンの2つに対して11のコーナーを作成しました。

「選手がベストを尽くしたのは事実だが、結果は期待通りではなかった」とパーク監督はコメントした。

9試合で8敗、ベトナムは3ポイントでグループBの最下位にとどまっています。 3月29日の最終ラウンドでは、人事危機の一環として、チームは日本のピッチに招待されました。 オマーンの試合前、チームは負傷によりチャン・ディン・チョン、ファン・ヴァン・ドゥク、ド・ドゥイ・マンのいずれかを失いましたが、グエン・ハイ・フイ、チャウ・ノック・クアン、ルアン・スアン・チュオン、ファン・ドゥク・フイ、グエン・フォン・ホン・デュイ…コビッド-19。 試合後、ストライカーのグエン・ティエン・リンは怪我のため欠場する可能性が高かった。

「タン・チョンはペナルティカードを2枚受け取ったので、チームに同行することはなく、ティエン・リンはテスト結果を待っている。彼の状況はまだわからない」とパク監督は語った。 「ゴールキーパーのダン・バン・ラムが日本に来てチームと会う。しかし、ビザを取得するのに時間がかかるため、現時点でプレーヤーを追加することは非常に難しい。ビザを持っているが取得できないプレーヤーもいる。すべてのプレーヤーがこのプレーヤーを使用できる通貨。」

ワールドカップ初優勝チームである日本との試合計画について、朴監督は「監督として、常にU23選手のチャンスを作ろうとしている。 しかし、彼らはまた彼らの才能を証明しなければなりません。 、トレーニングによるパフォーマンス。 この試合では、U23プレーヤーの存在も非常に重要であり、チームのゲームプレイと戦術を理解します。ご存知のとおり、日本は大陸で最高のチームであり、非常に古く、プレーするのが困難です。」

ベトナム0-1オマーン

ラムトー

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。