コーチパーク:「ベトナムは東南アジアから手を差し伸べようとしなければならない」

日本朴恒緖監督によると、ベトナムサッカーのビジョンは、現在の後退にもかかわらず、ワールドカップ予選の最終ラウンドに参加し続けることです。

パク監督は、2022年のワールドカップ予選での日本戦に先立ち、記者会見に応えた。写真: VFF

朴恒緖(パク・ハンソ)監督は3月28日午後、埼玉スタジアムで行われた記者会見で、「チームの状況は非常に悪い。コビッド19のケースがいくつかあるため、日本に連れて行くことができるのは20人だけだ」と語った。 「明らかに、ベトナムは強さの点で大きな損失を被っている。日本は強すぎるし、優れたサッカー管理システムと優れた基盤を持っている。しかし、それは最後の試合なので、最善を尽くす。」

明日の試合は基本的に手続き型です。 日本は間違いなくグループBのトップ2でフィニッシュし、2022年のワールドカップ決勝でカタールへの直接チケットを獲得しました。ベトナムは、中国に対する唯一の勝利のおかげで、9試合で3ポイントを獲得しました。 1月1日。 /2。

2021年11月のミーディンスタジアムでの第1戦では、17分に伊東純也がゴールを決めたため、ベトナムは日本に0-1で敗れた。しかし、明日はコーチのチームにとってより困難になると予想される。柱とCovid-19。 最後の試合の後、オマーンに0-1で敗れ、チームは別のストライカーのグエンティエンリンを失いました。 しかし、パークコーチは交代要員を呼ばず、「できるだけ多く」と判断しました。

「60試合後、ベトナムは初めてワールドカップの第3ラウンドに入った」とパーク監督は語った。 「9試合が経過し、7試合を失い、最初の試合に勝ったのは第8ラウンドまででした。アジアのトップチームに対する結果は、ベトナムがまだレベルギャップを持っていることを示しています。初めてです。対戦相手と直接対峙する力このレベルでは、ベトナムのプレイヤーも多くの貴重な教訓を学びました。私たちのビジョンは、ベトナムを東南アジアを超えて拡大させようとすることです。ああ、このような遊び場にもっと参加するためです。

ベトナムチームは16時間以上旅行した後、3月25日に日本に旅行しました。 成田空港に到着して以来、パークの教師と生徒は、過去の2022年ワールドカップ予選3回戦のすべてと比較して、最も厳しい規制でクローズドバブル体制を遵守する必要があります。準備はされていますが、ホストの健康要件に応じたすべての関連文書国では、ベトナムのメ​​ンバーがCovid-19テスト(空港で実施)の結果を受け取るまでに3時間以上かかります。 言語アシスタントのLeHuyKhoaが唯一の感染例です。 日本の規制では、コア氏はチームと一緒に別のホテルで隔離されましたが、F1と特定されたホテルはチームの他のメンバーとの緊密な接触を禁じられていました。 ダイニングルームも仕切りで仕切られています。

これらの厳しい規制により、コーチパークは不幸になっています。 「ベトナムサッカー協会と日本は良好な関係にあります。しかし、私たちはゲストですが、エピデミック対策のために厳重に管理されています。この治療によって傷ついたと感じています」と彼は語った。 「彼らは、私がエピデミック予防規則に違反した場合、私は3日間検疫に送られると脅迫しました。また、40未満のCTインデックスに関連する規制についても通知していませんでした。彼らは隔離されなければなりませんが、ベトナムではそれよりも少ないです。 36 Tuan博士、Duc Chinh、Adriano Schmidtは、この基準で陽性と見なされました(テストは陰性でしたが)。空港でテストしたとき、通訳は陽性だったので、検疫エリアでPCRを行うことに同意しますが、応答はありません。通訳が1人しかいませんが、通訳なしでどうしたらいいのでしょうか。日本が直面している状況や困難をよりよく理解できるように、意見を述べなければならないと思います。

ラムトー

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。