コーチパークはベトナムのチーム要員を調整しました

ハノイ朴恒緖監督は、2022年のワールドカップ予選でのオマーンと日本との試合の招集リストで、チャウ・ノック・クアンにト・ヴァン・ヴの代わりを呼びかけました。

チャウ・ノック・クアン(白いシャツ)は、2022年のVリーグの第2ラウンドでハイフォンがナムディンを2-1で下したゲームに参加しました。写真: ラムトー

この決定は、To Van VuがCovid-19に感染したという報告を受けた後、本日3月12日にコーチパークによって発表されました。

Chau Ngoc QuangはHAGLプレーヤーですが、チームの最初のキックを競うことはできません。 彼はViettelに移り、次にHaiPhongにローンで移りました。 1996年に生まれたミッドフィールダーは、ChuDinhNghiem監督の手によって「脱皮」しました。 彼はハイフォンの右翼レーンを爆発的にプレーし、3ラウンド後にチームを7ポイントまで助け、2022年のVリーグで2位にランクインし、ゴール差(+2)対でベトテルに次ぐものでした。

NgocQuangはBinhDuongのHaiPhongと一緒に、3月13日の2022Vリーグゲーム4の準備をしています。 その後まもなく、クアンナムのミッドフィールダーがベトナムチームに加わります。

パク監督はこのラリーに28人の選手を呼んだ。 チームは3月14日からハノイで会合し、ベトナムユースサッカートレーニングセンターでトレーニングを行います。 その後、パークコーチの教師と学生が交代で3月24日にオマーンをホストし、3月29日に日本のゲストとして2022年ワールドカップ予選の最後の2試合であるアジア地域に出場しました。

7敗した後、ベトナムは2月1日にミーディンスタジアムで中国を3-1で下し、初勝利を収めました。 まだテーブルの一番下にいますが、彼はワールドカップの第3予選ラウンドでゲームに勝った最初の東南アジア代表です。 それ以前は、2018年のワールドカップ予選で10試合を終えて2ポイントを獲得し、タイが最高の成績を収めました。

ラムトー

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です