グエン・スアン・フック社長が日本医学教育株式会社を受賞

1月27日、大統領官邸でグエン・スアン・フック社長が日本(ベトナム)医学教育株式会社の楠見まり社長を迎えました。

楠見マリ博士は、ベトナムで現在建設中のプロジェクトに会い、発表するために時間を割いてくれた大統領に感謝した。 彼女は、ベトナムにすぐに病院を建設し、日本の最新の医療技術と高度な治療技術を適用するために努力する決意を確認しました。

社長は、楠見まり先生の病院建設への決意を高く評価しました。 ベトナムの人口は1億人近くにのぼり、人々の診察や治療を行うためには、病院を増設する必要があり、日本からの高度な医療技術の移転が必要だとのことです。

大統領はまた、ベトナムは現在、多くの医療研修生や看護師を日本に派遣している国であると伝えた。 これは、2者間の大きな可能性を秘めた協力分野です。 現在、ベトナムと日本は広範な戦略的パートナーシップを結んでおり、日本はベトナムで2番目に大きなFDI投資家であり、総投資額は650億ドルです。 特にベトナムは、日本の中小企業がベトナムに技術を立ち上げ、移転することを歓迎している。

両国は、環太平洋パートナーシップ(CPTPP)と地域包括的経済連携(RCEP)のための包括的かつ進歩的な協定に参加しています。 これは、高いインセンティブと高い水準の知的財産保護を備えた貿易と投資の枠組みであり、日本の医学教育会社(ベトナム)がベトナムと幅広く協力するための枠組みでもあります。

グエン・スアン・フック大統領は、ベトナムでは教育訓練協力と技術移転が大きな関心事であると述べ、楠見真理博士がプロジェクトの早期完了を促進するためにさらに努力することを望んだ。

ニュース、写真:VNA

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。