クアンニン省:日本からの投資誘致に向け協力を強化

現在、クアンニン省では日本からの直接投資資金によるプロジェクトが12件あり、プロジェクトの登録投資総額は約24億ドルで、同省全体のFDI投資総額の20.52%を占めている。 また、クアンニン省では、日本政府の優先融資を受けて、ハロン市下水処理事業を含む2件のODAプロジェクトが実施されており、総投資額は3兆2,930億ドンとなっています。

クアンニン省は投資誘致を優先することに尽力しており、クアンニン省が卓越した競争優位性と異なる能力を有する産業、分野、分野において日本企業が同省に投資するための最も有利な条件を作り出す用意ができている。 同時に、私たちは行政、土地、認可手続きのサポートと最も有利な条件の創出、人材のニーズへの対応、財産の安全とセキュリティの絶対的な確保に全力で取り組んでいます。 日本の投資家が同州で成功かつ持続的に投資できるよう、便利な公共サービスとオープンで協力的、公正かつ透明な投資およびビジネス環境を提供する。

バリア – ブンタウ: 農業のつながり、多くの協同組合が繁栄

農業におけるつながりを通じて、バリア・ブンタウの多くの農民、農場主、協同組合が支援政策にアクセスできるようになり、それによって持続可能な方法で農業を発展させ、農民の収入に安定をもたらしました。

省人民評議会の農産物の生産と消費における協力と結社の発展を奨励する政策に関する決議21/2020の3年間の実施後、多くの農民、農場所有者、バリア・ブンタウ協同組合が政治的支持を獲得しました。 、それによって農業を持続的に発展させ、農家に安定した収入をもたらします。

現在までに、バリア・ブンタウ省では、省人民評議会決議21/2020に基づき、20の協同組合が製品消費協会プロジェクトに参加している。 決議第 21 号によれば、国は共同契約および共同プロジェクトのコンサルティング、研究、建設費用の 100% を負担します。 接続を提供するための機械、設備、インフラストラクチャの建設への投資資金の 30% をサポートします。 リンク ポイント モデルの構築コストの 50% をサポートします。これには、種子、設備、協同組合や農場向けの必需品の購入コストが含まれますが、1 モデルあたり 10 億ドンを超えません。

PV

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です