オミクロンの事件が急増した「緊急の」東京知事| 日本| エピデミック| 沖縄県_新浪ニュース

元のタイトル:オミクロン東京知事事件の急増「緊急」

日本の東京では、12日に2,198の新しい確認された新しいコロナの症例が追加され、前日から2倍になりました。 東京での1日あたりの症例数の増加が約4か月で2,000を超えるのは初めてです。

東京、日本で新たに確認された新しいコロナの症例の統計表出典:日本経済新聞

小池百合子東京都知事は12日、新しい症例の90%以上がオミクロンコロナウイルスの新しい変異株に感染している疑いがあると述べた。 彼女は中央政府に対し、いくつかの指標が適切な措置を講じるきっかけとなる設定値に達するのを待つのではなく、さまざまな場所の知事の要求に応じて非常事態宣言を適時に行うなどのエピデミック防止措置を講じるよう求めた。 。

その日の日本の知事会議に出席した小池氏は、次のように述べています。大変な率で。”

小池百合子東京都知事

彼女は、エピデミックの急速な拡大は、医療システムの能力をテストするだけでなく、社会活動の基盤を揺るがす可能性があると信じています。 「重要なことは、機会を逃さず、効果的なエピデミック対策を講じることです。これは、国全体のコンセンサスです。」

彼女によると、さまざまな地域の知事は、非常事態宣言、重要なエピデミック予防策の実施、予防接種と追加接種の迅速な推進など、中央政府に要請を行う必要があり、中央政府は親切にタイムリーに対応する必要があります。

12日には日本で13,000件以上の新規確認症例があり、約4ヶ月後には1日あたりの症例数が再び10,000件を超えました。 その日、長野、和歌山、山口、愛媛で新たに確認された症例はすべて新記録を打ち立てました。 大阪府は12件に1,711件を追加。 沖縄県では、発生以来2番目に多い1,644件の症例が追加されました。

共同通信によると、日本の流行の第5波は、昨年9月中旬以降大幅に緩和され、昨年12月下旬まで、全国で1日あたりの新規症例数は数百件に安定しました。 2022年に入ると、オミクロン株が日本に広がり、最近の感染症が急増しています。

エピデミックの急速な回復の影響は、すでにいくつかの地域で見られます。 沖縄県では、現在の発生の波の「最悪の被害地域」であり、確認された症例との密接な接触により、12,628人の医療スタッフが欠席し、沖縄県の多くの病院が一部の医療サービスを停止しました。

日本の厚生労働大臣の後藤茂之氏は12日、密接な関係があると特定された医師は、毎日、仕事の前に抗原検査を行い、結果は正常である限り、医療活動を続けることができると述べた。

オミクロン株の急速な拡大を考慮して、日本政府は新しいコロナワクチンの追加接種の間隔を短くすることを検討しています。 日本政府は昨年11月に2回目と3回目の予防接種の間隔を8ヶ月以上にすることを決定しましたが、昨年12月に医師とナーシングホームに住む高齢者の追加予防接種の間隔は6ヶ月に短縮されました。 、その他の高齢者予防接種期間を7ヶ月に短縮しました。 共同通信によると、岸田文雄首相は、一般住民の追加接種間隔を65ヶ月から7ヶ月に短縮することを検討している。

担当編集者:Chen Yan SN225

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です