オミクロンの「不可解な」波の上流の日本

オミクロン株が世界中に広がるにつれ、日本の感染数と死亡者数は不思議なことに減少し続けました。

科学者たちは、この奇妙な傾向の背後にある潜在的な「Xファクター」を理解し、次の発生の波に対処する方法を提案しようと奮闘しています。 日本は地域社会でオミクロン感染の数例を記録していますが、全体的な陽性率と死亡率は低いままです。

「正直なところ、この突然の衰退の正確な理由はわかりません」と長崎大学熱帯医学研究所のグローバルヘルス教授である山本太郎氏は語った。

実際、パンデミックの2年間、日本は常に西洋諸国よりもはるかに低い感染率と死亡率を示しました。 病院や医療施設が圧倒されたとき、国は悲惨な夏しかありませんでした。

アジア諸国での流行は、主に政府がすでにSARSとMERSを経験しているため、一般的にヨーロッパや南北アメリカよりも深刻ではありません。 研究者たちはまた、日本や韓国のような東アジア諸国がCovid-19の壊滅的な波から逃れるのを助けることができる遺伝学、食事療法および他の要因に注目しました。

日本の専門家は、気象パターン、ウイルスの周期的な伝播パターン、および人々が過去にコロナウイルスの軽度の株にさらされて自然免疫につながった可能性を調べました。

日本は現在、人口のほとんどにワクチンを接種しており、人々は毎日の習慣でマスクを着用することを検討しています。 これにより、感染の数が部分的に減少します。

「明らかに、予防接種、マスク、社会的距離は(流行の過程に影響を与える)要因です。しかし、特に韓国の状況と比較して、日本のCovid-19が非常に低い理由を説明していません」と山本教授は言いました。 「日本と東アジアのどちらに特定のXファクターがあるかはまだわかっていません。それを特定することで、ウイルスを理解し、制御するのに役立つ可能性があります。」

先月、日本の毎日の感染数は約60から200未満の範囲でした。11月初旬以来、日本はCovid-19による5人の死亡しか記録していません。

人々は2020年3月に日本の東京で昼食をとります。写真: NYタイムズ

一部の専門家は心配しています 日本は検査の不足、効果のない追跡を経験しており、当局は事件や死亡を見逃している。 東京都研究所の小原みちのり氏によると、多くの患者が症状を示さないため、政府は実際の陽性例の4分の1しか登録できなかった。

しかし、この仮定が正しいとしても、日本でCovid-19に感染し、死亡している人の数は、米国やヨーロッパに比べてまだ少なすぎます。 全体像を把握するために、専門家は病院を調査し、医療システムがどのように機能するかを評価します。 彼らは、これまでの状況は、多くの施設が非常に混雑して寝たきりになっているため、政府がF0を自宅で治療することを要求している夏よりもはるかに明るいと述べた。 現在、nCoV感染は抑制されています。

岸田文雄首相は12月17日、政府は今月末から無料でアクセス可能な検査を提供すると述べた。 彼は専門家に、この夏のCovid-19への対応における政府の過ちを調査し、自宅での死亡に関連するものを含む特定の教訓を引き出すよう求めた。

山本氏は、「自宅での病気の人の死亡は、過少報告された数の死亡につながる可能性がある。しかし、その数は、全体的な死亡率を変えるのに十分ではない」と述べた。

特にオミクロンが登場するとき、日本は国境を厳しく管理します。 12月16日、この国は初めて海外に旅行したことのない変異感染を記録しました。 当局は、オミクロンの159の陽性症例を記録しました。 ただし、感染の総数は低いままです。 先週、東京での新規症例の7日間の平均は25でした。

東京大学経済学部の経済学と公共政策の准教授である仲田泰祐は、感染の突然の減少を説明する6つの仮説をテストしました。 要因は次のとおりです。ウイルスは120日周期で急増し、衰退します。 人々は流行のホットスポットから積極的に遠ざかります。 効果的な予防接種プログラム。 天気; 集団免疫と低いnCoV複製率。

彼らは、最後の要因(nCoV複製率)が鍵になる可能性があることを発見しました。 しかし、専門家は、なぜウイルスが日本でゆっくりと広がっているのか、あるいは政府が10月に非常事態を解除したときにウイルスが広がらなかったのかを説明できませんでした。

この状況は韓国の科学者を混乱させた。 大邱(キョンプク国立大学)の予防医学教授であるイ・ドクヒ氏は講演の中で、次のように述べている。

先週、韓国での新たな感染数は、月に5回目で7,000を超えました。 深刻なまたは重大な患者の数は増加しています。 病院のベッドが不足しているため、当局は在宅治療のガイドラインを発行しています。

トゥクリン (によると ワシントンポスト)。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。