エピデミック対策により、香港はその優位性を失い、今年は外資の半分が撤退すると予想されています。 政治環境| 動的補正| 劉Xiliang

[The Epoch Times, 28 mars 2022](香港のエポックタイムズの記者LiErとLinYishanによる報告)近年、香港の政治環境は急速に悪化しており、香港政府の「動的洗浄」エピデミック防止政策により、多くの外国人投資家はオプトアウトしました。 香港欧州ビジネス協会による最新の調査によると、香港政府の厳格なエピデミック防止政策により、調査対象の企業のほぼ半数が1年以内に全体または一部を香港から離れる計画であり、国際展示会も脱落しました。香港で。 さらに、香港市民研究所の最新の調査によると、回答者の最大24%が、香港を永久に離れる予定であると述べています。 Liu Xiliangは、香港政府が動的な通関政策を放棄することを望まないため、香港が本土を通過できず、世界とつながることができず、その最大の利点を失うと考えています。

3月24日、香港欧州ビジネス協会は1月から2月にかけて実施した調査結果を発表し、調査対象企業のほぼ半数が1年以内に全体または一部を香港から離れる計画を示しています。 調査した260社のうち、25%が、現在のエピデミック対策では、1年以内に香港から完全に移転することを検討すると述べています。 24%が香港から部分的に引っ越すと答え、34%が確信が持てないと答え、17%だけが来年に引っ越すと答えました。 さらに、調査対象の企業の40%は、入国制限などの香港の検疫措置は、海外の人材を香港に引き付けるのが難しいと考えています。

香港欧州ビジネス協会は、香港の「ゼロ」政策は企業や住民に深刻な影響を及ぼしており、世界とつながり、中国に隣接するという香港の最大の利点はほとんどなくなっていると指摘しました。 香港政府の中央政策グループの常勤コンサルタントであったニュースコメンテーターのLiuXiliang氏は、彼のYouTubeプログラム「ChengzhaiNews」で、これは香港政府がダイナミックな政治的浄化を放棄することを躊躇していることに関連していると述べました。回路ブレーカーメカニズムはまだあります。 国際的につながる「香港は島になりました」。

香港行政会議の主催者であるChenZhisi氏は、香港にアジア太平洋本部を設立した一部の多国籍企業は、流行と検疫の取り決めのために香港から移転し、シンガポール、ドバイなどに移転したと述べた。将来的に香港に戻る可能性はほとんどありません。中心性はさらなる発展にかかっています。 Chen Zhisiは、香港の多くの産業が国際基準を満たす必要があり、本土でより多くの経済活動を実施する必要があるため、長期的には香港は現在の隔離および検疫政策を継続できないと考えています。

国際展示会はシンガポールに移動します

厳格なエピデミック対策の下、香港では大規模な国際展示会も中止されました。 Cosmoprof Asia Pacific BolognaFiereGroupとInformaMarketsの主催者は、当初香港で予定されていたCosmoprof Asia 2022が、2022年11月16日から18日までシンガポール万博で特別展示会としてシンガポールに移転することを発表しました。 会議は、香港での発生に関連する現在の渡航禁止令と検疫措置が、11月の見本市に出席するために香港に来る国際的な出展者とバイヤーを妨げる可能性があると述べた。

Cosmoprofは、多くの質の高いイベントが成功裏に開催されているシンガポールのダイナミックで革新的なビジネス環境を補完します。 同時に、シンガポールは世界の有名な交通ハブであり、世界中の何百もの都市との直行便があり、国際交通業界間の貿易交流や連絡を効果的に促進することができます。美しさ。 東南アジアの戦略的なロケーションと相まって、優れたビジネスチャンスを生み出すことができます。 これは、国際金融センターとしての香港の地位が危機に瀕していることを示しています。

調査対象の香港人の7%は、いつでも出国する準備ができています

さらに、香港世論研究所は、3月21日から24日までの12歳以上の香港市民6,723人を対象にオンライン調査を実施し、回答者の24%が「香港を永久に離れる予定」であることがわかりました。昨年8月に実施されました。世論は4%上昇しました。 「いつでも行く準備ができている」と「準備ができている」と答えた回答者は、それぞれ3%と7%を占めています。

自称「民主化支持者」のうち、35%以上が「香港を永久に去ることを考えている」と答え、「いつでも去る準備ができている」と「準備をしている」が7%と10%を占めています。それぞれ。 %。 自称「非民主主義支持者」のうち、17%が「香港を永久に去ることを考えている」と答え、「いつでも去る準備ができている」と「準備している」と答えた人はそれぞれ1%、5%でした。 。

「悪化する状況のどの側面があなたに香港を永久に去ろうとする動機を与えるか」と尋ねられたとき、ほとんどの回答者は「個人の自由」(35%)、「家族の一員の未来」(16%)、「香港の政治」(16%)、「人の生活水準」(12%)、「香港の経済見通し」(10%)。

この点で、劉秀陽は「個人の自由という点では、日本に旅行したり、遊びに行ったりすることはできません。これは「黄色い絹」や「青い絹」の問題ではなく、すべての人の趣味です。香港の人々。」 彼はまた、現在最も落ち込んでいる人を強調しました。 それは「ランシ」、「食べたり、飲んだり、食べたりすることさえできないとき、非民主主義の支持者も彼らが自由を失ったと感じて、彼らは香港を去らなければならない」です。

Zhong Jianhua:経済的魅力が低下し、政治的リスクが高まる

香港世論研究所の副所長であるZhongJianhuaは、この記者とのインタビューで、ますます多くの市民がいつでも移住する準備ができている、または準備していると述べた。 昨年の状況は移住する傾向を減少させませんでしたが、逆にそれを増加させました。 最も親政府の「非民主的な支持者」でさえ、より移民である傾向があります。

彼はそれを「プッシュプルファクター」の観点から分析しました。 しかし、「人を引っ張る」という経済的魅力は低下し、「人を押し戻す」という政治的要因は増加しています。 彼は、最近の香港欧州ビジネス協会の調査も同じことを反映していると信じています。 @

責任ある編集者:Li Ming#

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。