エピデミックにより、日本の外国人研修生の数は減少しました

ベトナム人研修生はキャリーシステム株式会社(NCS)で働いています(ファイル写真)。

厚生労働省によると、2021年10月現在、インターンを含む日本の外国人労働者の総数は172万人であり、日本政府が外国人労働者の申請を要求し始めた2007年以来の最高である。前年比0.2%増にとどまりました。

国別では、ベトナムは日本で最も労働者数が多い国であり、453,344人、つまり全体の26.2%を占めています。 次は、中国の従業員数は397,084人(23%)、フィリピンの従業員数は191,083人(11.1%)です。 場所別では、東京には外国人労働者の数が最も多い(485,382人)。 続いて愛知県が177,769人、大阪府が111,862人。

しかし、技術インターンシッププログラムに基づく開発途上国からのインターンの数は、前年度から12.6%減少して351,788人になりました。部分的も9.7%減少しました。

現在、人口の高齢化が進み、労働力が不足していることから、日本では外国人労働者の需要が高まっています。 ただし、2020年末以降、日本政府は在留資格を持たない者の入国許可を一時的に停止しています。 昨年11月、日本はこの措置を緩和し、企業や教育機関からの海外の個人のエントリー申請を受け付け始めました。 しかし、オミクロンの亜種の急速な普及により、日本政府は非居住者の入国禁止を維持しました。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。