インドネシアサッカー監督、アジアカップのベトナム代表戦について語った

島のチームは2023年アジアカップ(2024年1月12日から2月10日まで開催)に向けてトルコでトレーニングを行っている。 インドネシアサッカー界の情報によると、シン・テヨン監督率いるチームはトルコ滞在中、1月2日と5日にリビアと親善試合2試合を行う。

その後、インドネシアは2023年アジアカップ開催国のカタールへ向かい、1月9日にカタールでイランと親善試合を行った後、アジア大会に出場する。

PSSIのエリック・トヒル会長(右)とシン・テヨンコーチ(写真:Bola Times)。

注目に値するのは、インドネシアがアジアカップでベトナム、日本、イラクとグループDに入るということだ。

PSSIのエリック・トヒル会長は、アジア選手権でベトナム代表と対戦することを見据え、「アジアカップでベトナム代表と対戦するのは確かに簡単ではない。日本とイラクとの試合も同様だ」と語った。

「このため、インドネシアの選手たちにはしっかり準備をして、来たるアジア大会に全力を注いでもらいたい」とPSSI責任者は付け加えた。

インドネシアサッカー監督、アジアカップベトナム代表戦について語る - 2

トゥルキエでトレーニングを行うインドネシアチーム(写真:PSSI)。

インドネシアチームは、8人の外国生まれの選手を含む29人の選手をトレーニングのためにトルコに連れて行った。 これらの選手にはヨーロッパの血が流れている。

計画によると、1月9日のイランとの親善試合後に島チームはアジアカップに出場する23人の選手リストを最終決定する。

ホームチームの準備について、韓国のシン・テヨン監督は「トルコの気候は少し寒いので、適応しているところだ。継続的なトレーニングがチーム全体の回復に役立っている」と語った。

シン・テヨン監督は「回復期間が終わったら、戦術的な練習をし、アジアカップの対戦相手を評価するつもりだ」と付け加えた。

インドネシアサッカー監督、アジアカップベトナム代表戦について語る - 3

Mukai Mamoru

"Travel nerd. Hard-core beer expert. Web enthusiast. Hipster bacon fanatic."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です